「本当に辞めようと思ってた…」青森山田の日本一に貢献した逸材ドリブラーが明かした“どん底の日々”【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb)

2019年01月15日

決して平坦ではなかったバスケスの3年間

「僕の切りかえしは小さい頃から大人にも負けなかった」と自画自賛したドリブルで、流経大柏の守備を切り裂いたバスケス。 写真:田中研二

画像を見る

[高校選手権・決勝]青森山田 3-1 流経大柏/1月14日/埼玉

 今大会屈指のDF関川郁万(3年)を擁する流経大柏の守備網をこじ開けたのは、青森山田の技巧派ドリブラー、バスケス・バイロンだった。

 一進一退の攻防が続くなか、バスケスが見せ場を作ったのは、1-1で迎えた後半18分だ。

 右サイドでボールを持った3年生アタッカーは、「(相手の動きが)見えてました」というドリブルで、自らを止めに来た3人のDFをかわして右サイドをえぐる。そして、マイナスにグラウンダーのクロスを供給して、檀崎竜孔(3年)の逆転ゴールを演出してみせた。

 この逆転ゴールのシーン以外にも、自慢のドリブル突破で、流経大柏の守備を翻弄したバスケスは、「今日は本当にイキイキとできた」と、自身の深い切り返しのドリブルから生まれたチームの2点目について興奮気味に振り返る。

「今まで一年間、切り返しのドリブルを練習してきて、あの瞬間は相手がそれに見事に引っかかってくれた。左足で持った時に相手が二人いたんですけど、多分、『クロスを上げてくるだろう』って思って飛び込んできた。だから切り返すと決めた。今までああいうマイナスにパスを出したことはなかったけど、『(竜孔が)いるかな?』って思って感覚で出しました(笑)」

 今大会は全4試合で先発出場を飾り、1ゴール・3アシストという堂々の戦績を残したバスケスだが、ここまでの道のりは決して平坦というわけではない。

 中学時代に関東近辺の強豪校やJユースチームからのスカウトにも注目されたチリ国籍の逸材は、「ここなら成長できると思った」と埼玉県から青森山田へ越境入学。全国から名手が集う名門校で、その攻撃性を買われて、1年時からプレミアリーグでもコンスタントなプレー機会を得ていた。

 しかし、2年の時に迎えた一昨年の選手権ではメンバー落ち。悔しい冬を過ごすことになったのだ。

 いったいなんで?――。そう自問自答を繰り返す日々のなかで、「『このままじゃ俺、プロになれない。変わらなきゃダメだ』」と、最上級生となってから私生活を含めて、一から己を見直すことを決意。それまで書いていなかったというサッカーノートをつけることを日課にしたことで、練習で気になったことが頭の中で整理されるようになった。

 さらに練習が休みの日も含めて、最大週6回もの筋力トレーニングを行なって、自分を徹底的に苛め抜き、当たり負けしない強靭な身体を作った。とにかく「嘘偽りなく、いろんなことを努力した」。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ