【選手権】高精度パスで2点をお膳立て!決勝で大活躍の青森山田MFに“兄貴分”ヴィッセル郷家友太が送ったメッセージとは!?

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年01月15日

郷家の背中を追って4年後のプロ入りを目指す。

司令塔として青森山田の優勝に貢献した天笠(右)に先輩の郷家(左)はメッセージを送った。写真:山崎賢人、金子拓弥

画像を見る

[高校選手権・決勝]青森山田3-1流経大柏/1月14日/埼玉

 前半32分にセットプレーからゴールを許す。青森山田は、準々決勝の矢板中央戦、準決勝の尚志戦に続いて先制点を奪われた。

 ただ、チームの“心臓”であるMF天笠泰輝(3年)は冷静だった。「2戦続けてリードを許す展開で勝ってきたので、焦りはなかった。自分たちのサッカーをしていれば、絶対に追いつけると思った」

 その言葉通り、8分後に同点にしてみせる。起点となったのは天笠だ。右サイドでボールをキープし、利き足ではない右足で敵の浅いディフェンスラインの裏へ絶妙のパス。これに反応したFW佐々木銀士(3年)が抜け出し、ゴール前に持ち込んでエース檀崎竜孔(3年)の同点弾をアシストした。

 この1点で、試合の流れは青森山田に傾く。後半、「(ダブルボランチの)僕と澤田(貴士)でこぼれ球を拾えるようになった」(天笠)ことで、ボールを支配。後半18分にMFバスケス・バイロン(3年)のドリブル突破で崩し、再び檀崎が決めて勝ち越しに成功する。

 後半43分にダメ押しの3点目を演出したのも、天笠だった。後方から来たボールをダイレクトで裏のスペースへ。オフサイドぎりぎりで抜け出したFW小松彗(3年)が、GKとの1対1を制してネットを揺らした――。

 不動のボランチとして、大会を通して攻守に存在感を発揮した天笠。とりわけ、精度の高い左足のパスが際立った。この司令塔なくして、強力アタッカー陣の爆発はなかっただろう。

 尊敬する選手は、1年先輩の郷家友太。ヴィッセル神戸でプレーするMFだ。昨年まで、寮で同じ部屋だった。

「攻守でチームに貢献できる選手。郷家さんのようなプレーヤーになれるように大学で成長して、4年後にプロになりたい」

 その郷家も、この後輩のことは気に掛けているようだ。決勝を現地観戦した後、自身のツイッターでこうつぶやいている。

「泰輝笑って終われたね。
その顔が見れて幸せになれました。
青森山田高校サッカー部感動をありがとう。現地で見れてよかったよ!
ってことで僕の弟的存在の背番号6番天笠泰輝くんがツイッター始めました!
フォローしてあげてください」

 天笠にとって、何よりも嬉しいメッセージだったかもしれない。

取材・文●江國森(ワールドサッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月26日号
    12月12日発売
    15年ぶりのJ1制覇!
    横浜F・マリノス「優勝記念号」
    BEST PLAYER&年間査定に
    2020欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ