【選手権】決勝で2ゴール!! 檀崎竜孔が語る“青森山田の10番“を着ける意味

カテゴリ:高校・ユース・その他

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年01月15日

「チームを勝利に導くのが青森山田の10番」

流経大柏との決勝戦で檀崎は見事に2ゴールを奪った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権・決勝]青森山田3-1流経大柏/1月14日/埼玉
 
 1月14日、高校サッカー選手権の決勝戦が行なわれ、青森山田が流経大柏に3-1で勝利。その一戦で2ゴールを奪い、優勝の立役者になったのが檀崎竜孔(3年)だ。
 
 先制点を許して迎えた前半40分、カウンターから右サイドを抜け出した佐々木銀士(3年)の折り返しのボールに合わせて同点弾。さらに後半18分、右サイドを突破したバスケス・バイロン(3年)のクロスに反応し、正確なシュートを右サイドネットに突き刺した。
 
 2ゴールについて檀崎は、「誰もが流し込むだけだと見ていたと思いますけど、それをしっかり決め切れて、少ないチャンスをモノにできたのは本当に良かったと思います」と嬉しそうに話した。
 ただ、ストライカーのような動き出しと正確なフィニッシュだったが、本来であれば檀崎はドリブルを売りにしている。その強みよりも得点を優先したのは、確固たる理由があるようだ。
 
「(ドリブルの)仕掛けも出来ますけど、フィニッシュのところで、チームを勝利に導くのが青森山田の10番。そういうところをこの大舞台で証明できたのは本当に良かったです」
 
 青森山田の10番は、ゴールで試合を決めるエースでなければならないという自覚だろう。選手権の舞台でも得点するために、「サイドがクロスを上げたら、大外のサイドハーフは中に入るというのは日頃の練習から徹底していた」と檀崎は明かす。そのうえで、2点目をアシストしたバスケスとの関係性については、「(2点目はボールが)来ると信じていました。(バスケスは)相手にとって脅威でしたので」と語った。
 
 仲間に恵まれ、エースの重責も果たし、檀崎は「6年間、青森山田でやってきて良かったなと。仲間にも感謝したいですし、両親にも感謝したいです」と述べる。そして、「(涙は)ちょっと流れました。辛い想いをした6年間だったので、(最後に優勝できて)本当に良かったなと率直に嬉しい気持ちでした」と心の底から優勝を噛みしめていた。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ