東京Vユース出身の武眞大が挑んだ最初で最後の選手権。予選後にスタメン落ちも後悔がなかった理由

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年01月15日

断固たる決意を持って青森山田に加わった武は自分を変えられたのか

草津東との2回戦で1ゴール。武(右)は東京Ⅴ仕込みの技巧と青森山田で培った献身性でチームの優勝に貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権・決勝]青森山田 3-1 流経大柏/1月14日/埼玉

 Jユースから高体連へ。近年、高校2年の終盤に転校し、最終学年を新たな場所で迎える選手が増えている。3年前は愛媛に所属する東京五輪世代の神谷優太(東京Vユース→青森山田)、昨年は中村駿太(柏U-18→青森山田/現在は群馬に所属)。今大会で言えば、C大阪U-18から長崎総合科学大附に加わった鈴木冬一(3年/湘南入団内定)がそれだ。いずれもプロ入りを果たしているなか、今年の青森山田にも同じように決断を下した選手がいる。東京Vユースから高校2年の秋に加わった武眞大(3年)だ。
 
 武は高校1年生の時に神奈川県選抜の一員として国体で3位に入り、世代別代表も経験。輝かしい実績を持つ男は移籍の理由について「自分を変えたかったから」と春先に話していたが、実際にこの1年でどう成長したのか。そして、最初で最後の選手権はどうだったのか。
 
 優勝を決めた後、本人に話を聞くと、充実感たっぷりに答えてくれた。
 
「自分のサッカー観が変わりました。サッカー選手として必要なことを青森山田で感じることができたので、今後に繋がる」
 
 運動量や守備面、球際での攻防や戦う姿勢。以前は攻撃センスを武器に戦っていたが、今ではチームのために献身できる選手へと変貌を遂げた。選手権予選終了後にはレギュラー落ちし、本大会はすべて途中出場。それでも、納得した表情を見せていたのだから、青森山田に来た価値は大いにあったのだろう。

「草津東との2回戦では得点もできた。悔しさはあるけど、悔いはない。レギュラー落ちしたことで、まだ守備が足りていなかったと認識できた。本当に大学では中心になれるように頑張っていきたい」
 
 流経大柏との決勝でも終盤に投入され、チームのために埼玉スタジアムのピッチを駆け回った。東京Vユース時代の同期でトップチームに昇格した森田晃樹のように自身はプロ入りを勝ち取れなかったが、4年後に夢を叶えるべく春からは大阪体育大で技を磨く。青森山田で培った何物にも代えがたい経験を手に、武は新たなステージへ進む。

取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ