【選手権】連覇の夢潰えた前橋育英の友からのLINEに奮起!ベンチ要員から“主役級” へ上り詰めた青森山田「秘密兵器」のシンデレラストーリー

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年01月15日

タレント揃いのチームの「ラストピース」に。

献身的な守備で貢献した澤田。得意のロングスローはチームの大きな武器となった。写真:田中研治

画像を見る

[高校選手権・決勝]青森山田3-1流経大柏/1月14日/埼玉
 
 たった1か月間でここまで立場が一変する選手も珍しいだろう。青森山田の中盤を支え、2年ぶり2度目の優勝に小さくない貢献を果たした澤田貴史(3年)だ。
 
 ほぼ丸2年、右足の故障に悩まされたこともあって、復帰後もなかなか出番に恵まれなかった男が、レギュラーの座を勝ち取ったのは大会直前。守備力とロングスローを買われての抜擢だった。
 
 大会に入ると、対戦相手もデータがない言わば「秘密兵器」としてダブルボランチの一角で全5試合に先発出場。「自分は裏方役なので。みんなを照らす“ロウソク”になろうと思った」と語ったように、ピンチの芽を摘む気の利いた守備で貢献した。
 
 活躍はそれだけに留まらない。準々決勝の矢板中央戦では、得意のロングスローから2ゴールを演出し、逆転勝利の原動力に。一気に“主役級”の注目を集めた。
 
「注目してもらえたのは嬉しかった。怪我でどん底しか見てこなかったので」
 
 群馬県の出身で、中学時代は前橋FCで腕を磨いた。ダブルボランチを組んだ天笠泰輝(3年)は、その時からのチームメイトだ。
 
 決勝の前日には、同じく前橋FCでともにプレーした前橋育英のMF秋山裕紀(3年/アルビレックス新潟に入団)からLINEでメッセージが届いた。3回戦で尚志に敗れ、連覇の夢が潰えた友から、「絶対に勝ってくれ」と伝えられたという。
 
 その想いを胸にピッチに立った決勝では、これまで通り献身的に動き回ってボールを回収。「向こうが素早くボールを蹴ってくるのは分っていた。前半は押し込まれた時間もあったけど、後半はこぼれ球を拾ってうまく守れたと思う」と胸を張った。
 
 MF檀崎竜孔やDF三國ケネディエブス(3年)らタレント揃いのチームに、「ラストピース」として加わり、瞬く間に不可欠な存在へと成長した澤田。
 
「秋山や群馬の人のためにも、勝ててよかった」
 
 そういってニコリと微笑んだ。

取材・文●江國 森(ワールドサッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ