川崎のエース小林悠が語った新戦力の印象とゼロックス杯への意気込み

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年01月11日

「入ってくるのは、身長の高い選手が多い印象がある」

会見に臨んだ小林は、「良いスタートが切りたい」とゼロックス杯に向けて意気込んだ。写真:徳原隆元

画像を見る

長澤和輝(浦和)と優勝カップを取り合う。栄冠はどちらの手に。写真:徳原隆元

画像を見る

 川崎フロンターレの小林悠が1月11日、『富士ロックススーパーカップ2019』の開催概要発表記者会見に臨んだ。
 
 約1か月後の今大会に先駆け、小林は意気込みを語る。
 
「富士ゼロックススーパーカップは、Jリーグ優勝チームと天皇杯の優勝チームしか出られない大会なので、非常に嬉しく思っています。今年最初の公式戦ということで、チームとしても良いスタートを切れるように一丸となって頑張っていきたいです」
 
 ただしJリーグ王者の川崎と言えども、天皇杯王者の浦和レッズを倒すのは容易ではない。小林は「浦和レッズさんは非常に強いチームですし、監督も代わって以前よりもまた強くなったのを感じる。監督の勝利に対して貪欲な姿勢が選手にも伝わっているのかなと、感じた。手強い相手です」と警戒を強めている。
 昨季途中に名将オズワルド・オリヴェイラ監督を招聘した浦和をいかに倒すのか。楽しみなのは、2019年の新チームのメンバー構成やスタイルだろう。川崎は今オフ、元ブラジル代表FWのレアンドロ・ダミアンの他、マルチロールの山村和也や、いずれもブラジル人DFのジェジエウ、マギーニョらを補強。着々と強化を図っている。
 
 小林にとっても、チームを底上げしてくれる新戦力は頼もしい存在だ。「まだキャンプも始まっていないので、分からないことが多いんですけど、入ってくるのは身長の高い選手が多い印象があります。セットプレーは勝つために大事なカギになると思うので、そういった背の高い選手が入ってくるのは、フロンターレにとっては大きい」と、その印象を語った。
 
 もちろん川崎の勝利には、小林の活躍も不可欠。ゼロックススーパーカップでもエースの得点に期待したい。

 ゼロックススーパーカップ2019は、2月16日(土)13時35分から埼玉スタジアム2002で開催される。

【ゼロックス杯記者会見PHOTO】強豪同士が激突するシーズン最初のタイトル戦

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ