北川航也が振り返ったトルクメニスタン戦でのミス。新鋭FWは悔しさを糧に成長できるか

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年01月10日

トルクメニスタン戦では勝利に貢献できず

トルクメニスタン戦翌日の練習に参加した北川。前日の自らのプレーを振り返った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 1月9日にアジアカップの初戦でトルクメニスタンに逆転勝利を収めた日本代表は、一夜明けベンチメンバーを中心にトレーニングを行なった。
 
「試合のなかで挽回していきたいです」。そう語ったのはトルクメニスタン戦で72分から登場し、78分に中盤でボールを奪われ、相手に1点差に詰め寄られるPKを与えてしまった北川航也だ。
 
 北川にとってはA代表としての初の国際大会。チームが2点をリードしている状況でピッチに送り込まれ、「緊張はしていなかった」と振り返る。もっとも「雰囲気は違ったので、そこで柔軟にできるだけのメンタルが自分には揃っていなかったんだと思います」と反省を口にした。
 
 悔いが残るのは78分のシーンだ。中盤に下りてきた北川は、味方のパスを受けると相手に寄せられながらターン。しかし後方にいた相手選手にボールを奪われ、その流れからチームはPKを与え、1点差に詰め寄られた。
 
 件のシーンを映像で見返したという北川は「自分が前を向けると思ってチャレンジした結果なので、そこに対して後悔はありません。ただ失点につながり、相手が勢いづいたのは事実です。ミスをしないのが一番ですが、ミスをした後のリカバリーが自分のなかでは整理できていなかったのかなと思います。サッカーはミスがあるスポーツですが、試合のなかで挽回していきたいです」と決意を新たにした。
 
 トルクメニスタン戦では大迫勇也が2ゴールを奪ったが、相棒の南野拓実は沈黙。短期決戦の大会では流れを変えるジョーカーが必要になるが、北川にはその期待が懸けられる。
 
「ゴールという結果で次はチームを救いたい?」そう投げかけると力強く頷いた。初戦で得た反省を糧に成長してくれることを楽しみにしたい。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】暑すぎる!先発以外の12人でみっちりトレーニング!優雅なアラブ人も観察?!


【乾貴士PHOTO】「明るすぎ」てカメラマンも驚いた!「百面相」でチームを盛り上げる乾貴士特集♪
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ