「この結果は驚きだった…」番狂わせまであと一歩だったトルクメニスタン。指揮官は日本戦をどう見たのか?|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月10日

初の檜舞台で躍動した“カラクムの戦士”

粘り強いプレーで日本を苦しめたトルクメニスタン代表。そんな自軍を指揮官はどう見たのだろうか? 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・グループリーグ第1戦]日本 3-2 トルクメニスタン/1月9日/アルナヒヤーン・スタジアム

「この結果は驚きだった」

 日本代表を苦しめたトルクメニスタン代表のヤスグリー・ホジャゲルディエフ監督は、そう試合を振り返った。

 同国史上初のアジアカップという檜舞台に挑んだカラクムの戦士(※トルクメニスタン代表の愛称)たちは、下馬評ではサムライブルーよりも格下と見られていたが、キックオフ直後からタイトな守備でペースを掴むと、26分にアマノフの鮮やかなゴールで先制点をもぎ取った。

 1点をリードしたことで守勢に回りすぎた後半は、日本に主導権を握られた。56分と60分に大迫勇也に決められて逆転されると、さらに71分にも堂安律のゴールを許して突き放されてしまう。

 それでも79分にもぎとったPKをアタエフが決めて1点差に迫るなど、最終的に敗れはしたものの、トルクメニスタンは優勝候補の一角でもある日本を大いに苦しめた。

 そんな自軍のパフォーマンスに指揮官も手応えを掴んだようだ。ホジャゲルディエフ監督は、「我々はよくやった」と語り、さらにこの試合内容を分析した。

「日本がほとんどの時間でボールを支配すると思っていたので、今日の結果は驚きだった。良いパフォーマンスをしてくれたと思っている」

 一撃必殺のカウンターを見せた前半の戦いぶりについては、「日本への対策だった。あと何点か入ってもおかしくはなかった」とポジティブに振り返った指揮官だが、手痛い3失点を喫した後半については悔しさを滲ませた。

「後半に集中力を欠いたことで、残念な結果になってしまった。確かに疲れはあったが、それよりも敗因は集中力の欠如だ。それに我々は日本のような国際試合の経験がない。そこも影響したと思う」

 それでも、「まだ終わったわけではない」と意気込んだホジャゲルディエフ監督。そんな熱血漢が率いるトルクメニスタンは、難敵ウズベキスタンと激突する現地13日のグループ第2節で、今度こそジャイアントキリングを起こせるだろうか。日本の順位にも関わるだけに注目したい。

【日本代表PHOTO】日本3-2トルクメニスタン|森保ジャパン、ハンパない大迫と堂安のゴールで初戦を勝利で飾る!

【日本代表PHOTO】灼熱のスタジアムに「清水エスパルス」のユニフォームを発見!サポーター特集♪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ