【新体制|G大阪】「我々が本来いるべき位置に」2年目の宮本監督が決意表明!総勢35人で復権の年に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月10日

チームスローガンは「GAMBAISM」

新体制会見には宮本監督(中央)と田中、青山、高尾、奧野が出席した。写真:川本学

画像を見る

 ガンバ大阪が9日、2019シーズンに向けた新体制会見を行なった。
 
 会見の冒頭、山内隆司社長が今季のチームスローガン「GAMBAISM」を発表。山内社長は「宮本監督が開幕からチームを率い、ガンバ大阪のサッカーを新たな次元に引き上げていく大切な一年になる」と復権に向けての意気込みを口にした。
 
 昨季は7月にG大阪U-23の監督からトップチームの指揮を託され、降格の危機に瀕していたチームを立て直した宮本恒靖監督にとっては2年目のシーズンになるが、若きレジェンド監督は「ガンバらしい、我々が本来いるべき位置に戻れるようなサッカーを展開していきたいと考えています。ただし、昨年苦しんだ部分もあったというところを忘れず、その反省を踏まえて、地に足をつけて今シーズン進んでいきたい」と引き締まった表情で決意を新たにした。
 

 宮本監督とともに会見に臨んだのはタイのムアントン・ユナイテッドでプレーしていた青山直晃、熊本から獲得した田中達也、関西学院大から加わるルーキーの高尾瑠、そしてG大阪ユースから昇格した奧野耕平の4選手。またレンタルバック組は矢島慎也、呉屋大翔、田尻健の3選手で、計35人の選手でJ1とJ3を戦うことになる。
【関連記事】
【トルクメニスタン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、釜本邦茂、採点&寸評、プレー分析、PHOTOギャラリーetc.
【移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ(1/19現在)
【アジア杯】トルクメニスタンに大苦戦!それでも長友佑都が「これくらいで良い」と言ったワケ
「今やフンメルスやボアテングを超えたのでは?」 ドイツ紙の質問に長谷部誠は何と答えた?
「新年始めの大迫ハンパね~!」「日本のエースは堂安」初戦を1点差で制した森保ジャパンに安堵の声|アジア杯

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ