「元チームメイト・チャナティップとの対戦が楽しみ」青山直晃が5年ぶりのJ復帰でG大阪へ完全移籍

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月07日

「タイからのチャレンジャーとして、もう一度J1の舞台で勝負したい!」

2014年以来のJリーグへの復帰となる青山。新天地はG大阪に決まった。(C) Getty Images

画像を見る

 ガンバ大阪は1月7日、タイ1部のムアントン・ユナイテッドからDF青山直晃が完全移籍で加入することが決まったと発表した。青山は5年ぶりのJリーグ復帰となる。

 昨季まで4シーズンにわたりタイで活躍していた日本人DFが5年ぶりに日本へ復帰する。清水エスパルスや横浜F・マリノス、そしてヴァンフォーレ甲府などでプレーしてきた青山直晃だ。タイでは、国内屈指の強豪、ムアントン・ユナイテッドに所属し、不動のセンターバックとして君臨。今年33歳を迎える青山は、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でも日本のトップチームとしばしば対戦し、Jクラブ相手にも空中戦の強さや対人の強さを見せてきた。

 一方G大阪は、CB陣に日本代表の三浦弦太という柱がいるものの、パートナーのファビオが昨季限りで契約満了。新たな人材探しに奔走していた。
 
 青山はクラブ公式サイトを通じて、以下のコメントを発表している。
「ガンバ大阪のスタッフ、サポーターの皆様、初めまして。青山直晃です。タイのムアントン・ユナイテッドFCというチームで4年間プレーしていました。タイからのチャレンジャーとして、もう一度J1の舞台で勝負したい!と強く思った自分に対して、多大なるご尽力をいただきました皆様には本当に感謝していますし、チャンスを頂いたガンバ大阪の為に勝利に貢献できるよう全力で頑張りたいと思っています。
タイではJリーグがTVでも見れて、とても人気があります。ムアントン・ユナイテッドで元チームメイトであり、現北海道コンサドーレ札幌で去年のベスト11のチャナティップと対戦できるのも、楽しみにしています。
タイからのチャレンジャーとして、プロ生活15年目の全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します!」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ