【選手権】初出場で4強進出!瀬戸内を牽引する"小さなヒーロー"吉田寛太の輝きを見逃すな

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2019年01月05日

持ち味であるボールを受ける・捌くの技術に加え、瀬戸内での3年間で体力もアップ

的確なポジショニングと配給に加え、飛び出しの感覚にも長けた吉田(7番)は、瀬戸内の攻撃の要だ。写真:田中研治

画像を見る

[高校選手権・準々決勝]瀬戸内1-0日本航空/1月5日/フクアリ

 これまではボールを持ったら縦に速いサッカーが瀬戸内の定番だったが、今年度のチームはいつもとはちょっと違う。「身体が小さくてもテクニックがある」(安藤正晴監督)中盤の選手の特徴を活かした細かいパス回しがチームの武器だ。中でも、目立つのはトップ下に入る165センチのMF吉田寛太(3年)。彼の上手さは、チームメイトが一目置くほどで、MF田辺利樹(2年)はこう話す。「身体は小さいけど上手くてパスとドリブルができる。吉田くんに預ければボールが獲られないし、良い所にパスを出してくれるのでやりやすい」。
 
 埼スタ行きがかかったこの日は序盤、瀬戸内の攻撃を司る中盤の吉田ら3選手が徹底的にマンマークされた。そのため、思うようにボールが繋がらず苦戦したが、割り切って相手DFの背後やサイドのスペースに配給し、チャンスをうかがった。加えて、吉田が効果的だったのは前線への関与。中央から積極的に飛び出し、サイドからのボールに反応すると、37分にはFW川岸怜央(3年)が左からクロスを展開。ニアに飛び込んだ吉田は小さな身体を感じさせない打点の高いヘッドで、ゴールネットを揺らした。このゴールが決勝点となり、瀬戸内が勝利。試合後の安藤監督は、「大きな舞台で仕事をしてくれた。よく頑張ったなって思う」と小さなヒーローを称えた。
 

 随所で他の選手との違いを感じさせるプレーを見せてきたが、これまでは持てるセンスを活かしきれたとは言い難い。「頑張っても、身体が小さいことを理由に否定されたり、悔しい思いをしてきた。スピードとか身体能力がなくて周りについて行けなかった」。広島ジュニアユースから広島ユースへの昇格も果たせず、進路として考えていた広島皆実の練習会にも怪我で参加できなかった。そうしたなかで声をかけてくれた瀬戸内への進学を選択すると、持ち味であるボールを受ける・捌くの技術に磨きをかけながら、体力アップにも注力。「地獄」と評する毎週火曜日に行なう持久走に必死で食らいついた。努力の甲斐あり、広島ジュニアユース時代には最下位が定位置だった走力トレーニングも上位グループに入れるようになった。この日の試合でもパスを散らしながら、バイタルエリアに飛び出す動きは高校3年間で得た成長の賜物と言えるだろう。
 
 高い技術力に低身長を補うフィジカルも身につけてきたが、高校生活最終学年を迎えたこの1年も苦難が続いた。中心選手として期待されながらも、インターハイ予選の準決勝前に右足を捻挫。その後も小さな怪我を繰り返したため、インターハイ本大会のメンバーから漏れた。スタメンに復帰したのは、選手権予選の準決勝から。ベストな状態とは言えなかったが、技術とセンス溢れるプレーでパスサッカーを支え、初の選手権出場に貢献した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ