【選手権】東福岡に続いて前橋育英も撃破!『王道』で勝負する指揮官に導かれた尚志が優勝候補に名乗り

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2019年01月04日

「優勝した育英のサッカーは、もう僕のなかでの『理想型』でした」

前回優勝校の前橋育英に2-1で勝利。2回戦で東福岡を下した尚志が、またも大物食いを成し遂げた。写真:早草紀子

画像を見る

[高校選手権・3回戦]前橋育英1-2尚志/1月3日/浦和駒場

 前橋育英は尚志の仲村浩二監督にとって『目指すべき場所』であった。かつて習志野で『高校サッカーのスター選手』だった仲村監督が、福島県にある尚志の監督に就任して、今年度で21年目を迎えている。
 
 元々は女子校だった学校が共学化とともにサッカー部を創部し、その初代監督としてやって来た仲村監督は、いつしか黄色と黒の縦縞のユニホームが展開する、質の高いパスサッカーに憧れを抱いていた。
 
「育英はいつも安定した力を持っている。育英には必ず良いボランチがいて、彼らがサイドから攻めるのか、真ん中をこじ開けるのか、サイドバックを使うのかなどをすべて決めて、ゲームをコントロールするんです。今、サイドバックが上がることをリスクと考えて控えるチームが居るなかで、育英はどんどんサイドバックを使って勝負をする。それを一方のボランチが操り、もう一方のボランチがしっかりとサイドバックの上がったスペースをケアしている。もともと僕も4−4−2のボックスが好きだったので、育英のサッカーはまさに『王道』で、本当に勉強になった」
 
 自らの考え方に加え、山田耕介監督の手法をイメージしながら、コツコツとチームを作り上げて来た。そして、東北屈指の実力校として成長し、選手権ベスト4も経験した。そのなかで、昨年度の選手権は仲村監督の心に大きなインパクトを残した。
 

「優勝した育英のサッカーは、もう僕のなかでの『理想型』でした」
 
 前橋育英の凄さ、リスペクトの気持ちを再確認した仲村監督は、それから1年後、ベスト8を懸けて前橋育英と激しくぶつかり合った。相手のボランチには新潟内定の秋山裕紀がいたが、今年の尚志には「きっちりと自分の仕事がこなせて、技術がある」と仲村監督が絶賛する坂下健将と大川健のダブルボランチがいた。
 
 彼らがボールを集約し、的確な判断で前線の染野唯月と二瓶由嵩、右の加瀬直輝や左サイドバックの沼田皇海の攻撃力を引き出し、試合の主導権を握った。そして、49分に沼田のFKで先制をすると、51分には加瀬の突破から最後はエース染野が蹴り込んで、2−0。その後、前橋育英に1点を返されるが、最後まで落ち着いた試合運びを見せ、2−1の勝利。準々決勝進出を決めた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ