【選手権】大逆転で8強入りした日本航空のエース!師岡柊生が狙う"さらなるサプライズ"と流経大柏へのリベンジ

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2019年01月03日

「このまま大会を勝ち進んで、航空の恐ろしさを知らしめたい」

高い身体能力を活かして前線で起点になる師岡(10番)。この日は無得点に終わったものの、その実力は確かだ。写真:徳原隆元

画像を見る

[高校選手権・3回戦]丸岡2-3日本航空/1月3日/駒沢

 2試合連続で無得点となったが、前線で見せたプレーはエースとしての貫禄は十分。埼スタ行きがかった準々決勝での爆発に期待を抱かせたのが、日本航空の10番を背負うFW師岡柊生(3年)だ。
 
 丸岡に挑んだこの日は立ち上がりから、ポストプレーで味方のチャンスを演出。前半35分には、自陣から入ったロングボールのこぼれ球をオーバーヘッドで合わせて、観客を沸かせた。ただ、チームは前半のうちに2点のビハインドを追いついたが、師岡自身はノーゴール。「点を獲りたかった」後半は裏への飛び出しを意識し、終盤には決定機を迎えたが、活かせずに試合を終えた。
 
「遠くからシュートを狙おうと意識しているのに、今日はシュートが少なかった」と反省点を口にするが、柔らかいボールタッチと強さを活かし、前線の起点になるプレーやゴール前で無理が効く身体能力は魅力的。仲田和正監督が「点が獲れていないので頑張って欲しい。もっと出来ると思いますが、昨日よりも守備をしてくれていたので、チームとして助かりました」とエールを送るのも、彼のポテンシャルを分かっているからだ。

 中学時代は、FC多摩ジュニアユースに所属し、山梨学院のFW宮崎純真(J2甲府内定)と2トップを組んでいた。同じ山梨県のライバル校に進んだものの、高校に入ってからの活躍は対照的で、インターハイで優勝し、プロ入りを決めた宮崎に対し、師岡はこれまで一度も陽の目を浴びる機会がなかった。「宮崎がインターハイで活躍したのは悔しかった。コーチからも、『宮崎は活躍しているのに、お前は活躍できていない』とイジられたりもした。ずっと悔しくて、いつか見返そうと頑張ってきた」。
 
 ただ、今でも二人の仲は良い。師岡は、2年次の選手権予選前に怪我をし、入院することになったため、準決勝の山梨学院との試合を観ることができなかった。結果は惜しくも日本航空の負けとなったが、宮崎が試合後にお見舞いに来てくれたのが嬉しかったという。今回の選手権予選を終えた後も宮崎から「おめでとう」というLINEが届いたといい、今大会は盟友に負けない活躍を目指している。
 
 また、順調に勝ち進めば準決勝で対戦する可能性がある流経大柏の存在も師岡のモチベーションになっている。師岡はメンバー外だったが、1年次にはインターハイで16強まで進みながら、流経大柏にPK負けを喫しているため、リベンジに対する想いは強い。加えて、流経大柏には中学時代のチームメイトだったDF関川郁万(J1鹿島内定)もいる。「エフタマ(FC多摩)時代のチームメイトが活躍しているのは悔しい。このまま大会を勝ち進んで、(日本)航空の恐ろしさを知らしめたい」。この先は勝ち上がりの難易度がグッと上がる。大会のサプライズとなっている日本航空がさらなる上に行くためのラストピースは、巻き返しを誓う師岡の活躍になるだろう。
 
取材・文●森田将義(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ