「80年代の売人みたい」「売れないラッパー」アーセナルの“おしゃれ番長”の新コーデに辛辣意見が続々!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月03日

14歳でオシャレの街に飛び込んだ“ファッショニスタ”も…

サッカー界屈指のファッションセンスを持つベジェリンは、端正な顔つきも含めて人気を博してきたが、今回は……。 (C) Getty Images

画像を見る

 サッカー界屈指のファッショニスタの新しいコーディネートが、大きな話題となっている。アーセナルのスペイン人SB、エクトル・ベジェリンだ。

 今、注目を集めているのは、昨年12月16日にふくらはぎを痛めて離脱中の彼が、チームの試合をスタンド観戦している際に見せた着こなしである。

 とりわけ物議を醸しているのは、昨年12月22日に本拠地エミレーツ・スタジアムで行なわれたバーンリー戦(プレミア18節)の格好で、ベージュ色の緩めなトレンチコートに、長めのマフラー、そしてレンズの小さいサングランスが特大のインパクトを与えている。まさに自慢(?)のファッションセンスをいかんなく発揮しているといったところだ。

 だが、この一般の理解を超えたアーセナルの“おしゃれ番長”の私服センスに、ファンからは懐疑的な目が向けられている。

「ベジェリンのとんでもない服装と、ばかげたサングランス」と銘打った記事を出した英紙『The Sun』は、SNSで発信されたファンの感想を紹介。そのいずれにおいても、辛辣な言葉が並んでいる。

「誰か彼に、『君はフットボーラーであって、ファッション界のアイコンではない』と教えてやれ」
「売れないラッパーみたいだ」
「80年代の薬の売人。もしくは足を洗った元強盗犯風のファッション」
「このいかれたセンスは嫌いじゃないぞ」
「コメントしずらいけど……良いんじゃない?」
「俺たちには分らんが、オシャレってことだろ?」

 2011年、14歳でバルセロナのカンテラからアーセナルに入団したベジェリン。若くして世界屈指のファッション街で過ごしたスピードスターは、常に流行を先取りしたセンスを見せつけ、「オシャレ番長」とも評されてきたが、今回ばかりはさすがにやり過ぎたか……周囲からのは不評だったようだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月19日発売
    2019-2020シーズンは
    この布陣で戦え!
    メガ14クラブ「最強モデル」
    第2特集は“リバプールに学べ”
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ