プレミア勢から触手も…中島翔哉のステップアップに立ちはだかる“50億円”の壁!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月02日

サウサンプトンやウォルバーハンプトンが熱心な交渉を続けてきたが…

ポルティモネンセで秀でた才能を存分に発揮し、存在感を高めている中島。ステップアップを図るには、今がベストのようにも思えるが……。 (C) Getty Images

画像を見る

 日本サッカー界が期待するテクニシャン、中島翔哉の移籍動向は「マネー」によって大きく左右されそうだ。

 昨夏にFC東京からポルトガルのポルティモネンセに加入して以来、非凡な才能をいかんなく発揮し続けている中島。背番号10を与えられた今シーズンも、国内リーグ戦でここまで、5ゴール・5アシストを記録するなど、期待に違わぬ活躍を見せている。

 そんな日本代表の10番には、かねてから複数の有力クラブが注目。とりわけ、イングランドのプレミアリーグ勢は獲得に熱心だ。

 プレミアリーグで躍進を続けているウォルバーハンプトンは昨年12月、ポルティモネンセのロドニー・サンパイオ会長が「80パーセント(移籍は)決まった」と明言したほど。さらに日本代表CB吉田麻也が在籍するサウサンプトンも、1600万ユーロ(約20億8000万円)での獲得を目指しているとも報じられた。

 その他にも、ポルトガルの強豪ポルトとの交渉も伝えられる中島だが、いずれのクラブにも進展が見られないのは、2020年6月までの契約を締結させているポルティモネンセ側が、頑なな態度を崩していないからだ。

 ポルトガルの有力紙『A Bola』は、決して良いとは言えない経済状況にあるポルティモネンセが、中島の売却に関して4000万ユーロ(約52億円)といわれる契約解除金に近い額を提示された場合にのみ交渉に応じる、と報じている。

 これが事実であれば、サウサンプトンやウォルバーハンプトンが提示したとされる1600万ユーロから1800万ユーロ(約23億4000万円)では、到底追いつかない……。

 このポルティモネンセの要求額は、多少値下げされたとしても、いわゆる中堅クラブからすれば、“非現実的”だと言える。それだけに、今後も交渉は難航することが予想されるが、果たして中島の去就問題は、この1月の移籍市場の間で決着するのだろうか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ