史上最弱と言われた地方クラブはなぜ高円宮杯初出場で準優勝を掴めたのか? 金沢U-15が全国で掴んだ手応えと課題

カテゴリ:高校・ユース・その他

竹中玲央奈

2019年01月02日

並み居る強豪を倒して掴んだ準優勝

高円宮杯で準優勝した金沢U-15。大会初出場ながら、強豪を次々と破る快進撃を見せた。写真:竹中玲央奈

画像を見る

 中学校年代の最強チームを決める高円宮杯U-15サッカー選手権大会が12月28日に幕を閉じた。昨年度の同大会で準優勝と涙をのんだFC東京U-15深川が見事にリベンジを果たす形になったが、その優勝チーム以上の注目を集めたと言っても過言ではないチームが、準優勝のツエーゲン金沢U-15である。
 
 ベスト4に残ったのはこの決勝の2チームに加えて浦和レッズジュニアユースと川崎フロンターレU-15。トップチームがJ1上位の常連であり、人口の多い首都圏クラブであることを考えれば、明らかに金沢はクラブの規模では劣っている。しかも金沢U-15は今大会が初出場であり、決勝までの5試合で福岡U-15、磐田U-15、FC東京U-15むさし、浦和JYという強豪を下してきた。決して“くじ運”でここまで来たわけではないことは、勝ち上がるまでの相手を見れば理解していただけるだろう。
 
「クラブ規模を考えればここまでよくやれたと思います」
 試合後にスタッフはこう語り、チームを率いた寺中克典監督もここまで来れるとは思っていなかったと試合後に言った。
 
「5試合させてあげたいという思いはありましたし、そこに向けてやってはいましたけど、どちらかというと3年間積み上げてきたものを毎試合毎試合ゲームの中で出していこうという形でやっていたら、実際にここまで来ていたというのが現状ですね」
 

金沢U-15を率いた寺中克典監督。3年間積み上げたものを毎試合出していこうという狙いのなかで、決勝まで辿り着いた。写真:竹中玲央奈

画像を見る

 寺中監督は続けてこう言うが、まさに彼らが志向するサッカーを毎試合発揮できたからこそ、ここまでこれた。金沢U-15のサッカーを一言でいうと難しいが、スピードやフィジカルを発揮するタイプか緻密に下で繋いで崩していくタイプかと言われれば後者である。足もとの技術と判断力に長ける伊東陸と184cmの長身を誇る波本頼のCB2枚からしっかりとボランチを経由し、相手を敵陣に押し込んでいく。「攻撃を長く守備を短く」(寺中監督)という意識はチーム全員に共有されているのは外から見ても明らかで、まだ技術面の粗い部分はあるものの、アバウトな選択することはほぼなく、一人ひとりが意図を持ってプレーしていた。
 
「一人ひとりが相手を見たなかで判断をして、という意味での組織ですけど、形ではなくて一人ひとりが自分でボールを持つ、ちゃんと見るというところを徹底してきました」
 寺中監督のこの意図は選手にもしっかりと伝わっている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ