またしても久保建英が魅せた!U-19日本代表がアウェーでブラジル代表に2-0で勝利

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月23日

ブラジルの地で極上の輝き!久保が2試合連続ゴール

先発起用に応え、見事に1ゴールを決めた久保。バルセロナ仕込みの技術はブラジルに対しても十分に通用したようだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サッカーの本場・ブラジルで久保建英がまたしても魅せた。
 
 12月22日、U-19日本代表がU-19ブラジル代表と対戦。今回のブラジル遠征の最終戦となった一戦で日本は久保や橋岡大樹らを先発で起用し、来年6月のU-20ワールドカップを見据えてゲームに臨んだ。
 
 ワールドカップの最終予選を兼ねたU-20南米選手権に向けて12月中旬から合宿を張っているブラジルに対し、日本は立ち上がりから苦戦。卓越した技術とスピード感に溢れる仕掛けを受けて後手に回り、我慢を強いられる展開となった。しかし、日本は密にコミュニケーションを取り、組織力で対抗。徐々に相手陣内に侵入する時間を増やし、最前線の田川亨介らを中心に好機を作り出していく。
 
 0-0で迎えた後半も日本はブラジルの攻勢を巧くいなしながら、少ない手数でゴール前へと迫る。すると、53分。伊藤洋輝のパスを受けた田川が前線に浮き球のパスを送ると、これに反応したのが久保だ。上手く背後に抜け出すと冷静にGKとの1対1を制し、日本の至宝の2試合連続ゴールで日本がブラジルから先手を取った。
 
 これで目が覚めたカナリア軍団。サッカー大国の意地を懸け、貪欲にゴールを目指してくる。だが、そうした展開にも日本は焦らなかった。カウンターから試合を決める2点目を狙いに行くと、80分に決定機。中村敬斗が右サイドを突破してクロスを入れ、宮代大聖がネットを揺らした。
 
 終わってみれば2-0の快勝。ブラジルから勝利を掴み、今遠征を2勝1分で終えた。
 
 日本サッカー協会を通じ、影山雅永監督が今回の活動を総括。 
 
「来年の本大会へ向けて成長するために貴重な大きな強化の場となりました。これまでやってきたレベルでは世界では上位へ行けない。『さらに強く、早く、正確に!』を選手には求め、そしてその中での選手間の要求のレベルを上げることを求めました。彼らは(U-19アジア選手権・準決勝の)サウジアラビア戦の悔しさを忘れておらず、そして世界レベルでの戦いを欲していることから素晴らしい取り組みを見せてくれたと思います。サッカーの聖地マラカナンスタジアムでの初戦、強豪フラメンゴとの2戦目、そしてブラジルサッカー協会ナショナルトレーニングセンター「Granja Comary」におけるU-19ブラジル代表との3試合を2勝1分け、特にブラジル代表に勝利することができたことは大きな成果だと思っています」
 
 何事にも代えがたい経験をブラジルの地で積んだU-19日本代表。来年6月の本大会に向け、最高の結果で年内最後の活動を締めくくった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ