【選手権】「自分の大会だったと言えるようにしたい」J注目、桐光学園の2年生10番・西川潤を直撃!

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年12月31日

初めての選手権。プレッシャーは感じておらず、気負いも一切ない

初めての選手権で目指すは優勝のみ。そして、西川は自身の存在を示すべく、ゴールを量産するつもりだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 桐光学園の2年生エースにとって、今回が初の選手権だ。すでに複数のクラブが獲得に名乗りを挙げている西川潤は、いよいよ12月31日にニッパツ三ツ沢球技場で初戦を迎える。待ち構える敵は大津。優勝候補のひとつに数えられる強豪校だ。湘南入団内定の福島隼斗(3年)とU-18代表の吉村仁志(3年)がCBでコンビを組んでおり、守備の堅さは今大会屈指。西川が彼らの陣取る相手ゴール前をいかに打開するかが、1回戦屈指の好カードを制するためのポイントになる。
 
 そこで今回は30日の開会式で西川を直撃。大一番を前にした心境、選手権をどんな戦いにしたいと考えているのか。U-16代表だけではなく、一世代上のU-19代表にも招集された魅惑のレフティに決意を語ってもらった。
 
 まず初めての選手権について、開会式の雰囲気を見て西川はほかの大会との違いを感じたという。

「インターハイは選手権のような開会式がなかったので、また違うなと感じます。なので、選手権のように大勢の人に見てもらえるのはモチベーションになります」
 
 インターハイやプリンスリーグ関東(高校年代の2部リーグ相当)とは比にならないほど、注目度は高い。当然、会場に来る観衆も桁違いで、重圧も大きくなる。ただ、西川はその緊張感を受け入れたうえで、結果を出して期待に応えることしか考えていない。
 
「今までと比べるとプレッシャーが懸かるなかで、得点やゴールに直結するプレーが求められてくると思うので、そういうのをまずは初戦から発揮したい。得点を量産し、自分の大会だったと言えるようにしたい。インターハイは最後で負けて、あと一歩で全国優勝を逃した。この選手権ではその思いをぶつけたい。インターハイの決勝で自分が終了間際にシュートを外したところから同点にされて負けた。そこからシュートに関してこだわってやってきたので、それは選手権で出したい」
 
 インターハイ決勝の山梨学院戦で西川は人一倍悔しさを味わっている。終了間際に同点に追い付かれ、最終的には延長戦で逆転弾を許して優勝を逃した。その悔しさは今も忘れていないのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ