<2018ベストヒット!>「もうウンザリなんだよ!」1G1Aも“過剰演技”ネイマールに大物たちもファンも呆れ顔――海外サッカー編vol.1

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月30日

2018年の名場面をヒット記事で振り返る!

なにをやっても批判対象となるネイマールだが、さすがにこの場面に関しては……。主審はラジュンを咎めていない。(C)Getty Images

画像を見る

 2018年の名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返るこの企画。今回はロシアW杯を節目に加熱した"ネイマールバッシング"について取り上げたい。当時、英国の解説者やコメンテイターたちは、ネイマールの過剰演技をどう評していたのか。
 
記事初掲載:2018年7月3日
 
――◆――◆――
 
 セレソンが快勝を収めた。
 
 現地時間7月2日に行なわれたロシア・ワールドカップ、ラウンド・オブ16のブラジルvsメキシコ戦は前者に軍配が上がった。前半こそ中米の雄の鋭いフォアチェックと高速カウンターに苦しめられたが、徐々にペースを握ると、後半は主導権を掌握。きっちり仕事をして見せたのが至宝ネイマールだ。
 
 51分に左サイドを打破したウィリアンのクロスを中央で合わせて先制点を挙げると、88分には速攻から持ち上がってシュート気味のトーキックでフィルミーノのゴールをお膳立て。千両役者ぶりを大いに示したのである。
 
 しかし、そのハイパフォーマンスとは別に、物議を醸しているのが70分過ぎの場面だ。タッチライン際で倒れ込んだネイマールの元にメキシコ代表MFミゲル・ラジュンが歩み寄る。足に挟まったボールを奪おうとしたラジュンは、そこでネイマールの右足首を軽く踏みつけてしまう。故意だったかどうかは微妙なところだが、ネイマールは絶叫してのたうち回り、試合は治療のため2分程度中断された。
 今大会のネイマールに対するファウル数は尋常ではないが、必要以上に痛がる姿がたびたび糾弾されてきた。その伏線があったからだろう。英国のテレビ中継各局の大物解説者たちが呆れ顔でコメントやツイートを発信している。
 
 公共放送『BBC』の解説者で元イングランドFWのアラン・シラアーが辛辣だ。「おいネイマールさんよ、頼むからそんな振る舞いは止めてくれ! もうウンザリなんだよ!」と怒り心頭。同じく元イングランド代表FWのガリー・リネカーは「オプタ(データ会社)の調べによると、ネイマールはワールドカップ史上“もっとも痛みを感じていない選手”のようだ」とお得意の皮肉ツイートで苦言を呈した。
 
 さらに『BBC Radio 5』のライブ中継で解説を担当した元イングランド代表FWディオン・ダブリンは、「もったいない」という言葉を使った。「なぜいつも彼はこうなんだ! そんなことをしなくても十分ワールドクラスのプレーヤーなのに、どうしてかくもカッコ悪い振る舞いをするのだろうか。もったいないとしか言いようがない」と断じた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ