中島翔哉、今冬のウルブス行きはナシ? ポルティモネンセ会長が現地メディアに「交渉は停滞している。アジアカップ後に…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月14日

英国では「レスターは手を引いた」との報道も

今冬のウルブス移籍が有力視されていた中島だが、ポルティモネンセ側も結論を急ぐどころか、アジアカップ後の価値高騰を見越して交渉を続ける可能性も。 (C) Getty Images

画像を見る

 ポルトガル・リーグのポルティモネンセからプレミアリーグのウォルバーハンプトン、通称ウルブスへの今冬の移籍がほぼ決定的と言われていた日本代表MFの中島翔哉だが、交渉は停滞しているようだ。ポルトガル紙『Record』が報じている。

 発言元は、先日「ウルブスとの交渉は8割方終わっている。残る2割は金銭面での調整となる」とコメントしていたロドニー・サンパイオ会長だ。同紙の取材に、「交渉に進展はなく、ほかにより良い条件のオファーが届けば、話を聞く準備はある」と回答したという。

 会長のコメントにもあるように、おそらく交渉を滞らせているのは移籍金に関する問題だ。ポルトガルでは、ポルティモネンセが2000万ユーロ(約26億円)から4000万ユーロ(約52億円)に違約金の額を引き上げたという話が以前よりあがっているが、ウルブス側が用意しているのは2000万ユーロであるため、その開きを埋められず、交渉が進んでいないようなのだ。

 欧州にはウルブス以外にも、中島の獲得に興味を示しているクラブがある。プレミアのレスター、サウサンプトンのほか、スペインのセビージャ、ウクライナのシャフタール・ドネツクなどがそうで、ブンデスリーガの数クラブも強い関心を示していると言われている。

 つまり、こうしたクラブに対しても、交渉の窓口はまだ開かれているということのようだ。サンパイオ会長は「ウルブスが優先というわけではなく、他のクラブにも可能性がある。それに、来年1月に中島はアジアカップで日本代表としてプレーし、いまよりもっと彼自身の価値を高めることができると信じている」と『Record』に語っている。

 ちなみに、英国の人気サッカーサイト『HITC』は13日付けで、「レスターは中島の争奪戦からは撤退する模様。ウルブスとサウサンプトンにとっては朗報だろう」と報じている。

 はたして、中島の行先はどこになるのか。そしてこの冬の間に決まるのか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ