イグアインとモラタのトレードに賛成? 反対? 伊メディアが実施したアンケートの結果は…

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月22日

「私は彼(イグアイン)が大好きだ」とサッリ監督。

ともに所属クラブで満足のいく結果を残せていないイグアイン(左)とモラタ(右)。トレードは両選手、両クラブにとって悪くない選択肢のように思えるが。(C)Getty Images

画像を見る

 イタリア『Sky Sport』は12月20日、ミランのゴンサロ・イグアインとチェルシーのアルバロ・モラタにトレードの可能性が浮上したと報じた。

 クリスチアーノ・ロナウドの加入でユベントスを追われるかたちとなったイグアインは、11月に入ってから7試合でノーゴールとミランで苦しんでいる。2か月無得点という状況に、ミランが3600万ユーロ(約46億8000万円)での買い取りに動かない可能性も噂されているところだ。

 一方、モラタもイングランドで厳しい日々が続いている。マウリツィオ・サッリ監督は直近2試合でエデン・アザールを「偽9番」で起用。モラタやオリビエ・ジルーに対する信頼度は低いと見られている。

 ナポリ時代にセリエAの年間最多得点記録を更新するなど、イグアインとサッリの師弟愛の深さは有名だ。一方で、モラタは妻がイタリア人ということもあり、以前からセリエA復帰の噂が絶えない。それぞれ新天地に向かうだけの理由が揃っているのだ。

 ミランとしては、イグアインよりも年俸が安く、5歳若いモラタを獲得できるのであれば、悪くない選択肢だろう。そもそもオーナー交代前に獲得に動いたほど、ミランはモラタに関心を寄せていた。ただ、純粋な得点数だけで見れば、イグアインはモラタを大きく上回っており、判断が難しいところだ。
 
 サポーターの意見も二分している。イタリア『Sport Mediaset』は21日、イグアインとモラタのトレードに賛成か反対かのアンケートを実施。1万2000人を上回るミラン・サポーターを中心としたユーザーの回答は、ちょうど50%ずつに分かれた。

 サッリ監督は21日、イグアインについて「彼のことは大好きだ。選手としても、人としても素晴らしい」と絶賛したうえで、「彼のことを話したくない。いまの彼はミランでプレーしている」と述べるにとどまった。

 また、ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督も、「得点できていないから精神的に苦しんでいる」と、イグアインが困難な状況にあると認めたうえで、「私は彼を手放さない」と述べている。

「チェルシーの関心は知らない。普段の彼らは30歳以上の選手を買わないはずだ。ゴンサロ(イグアイン)はポジティブな時期にないが、選手が力を発揮できるように、我々がベストコンディションにしていかなければいけない。問題はイグアインだけじゃなく、チーム全体なんだ」

 まもなく正式にオープンする冬のマーケットで、大物ストライカー同士のトレードは実現するのだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ