モラタ自らバルサに売り込み? スペイン紙アンケートでは6割が元マドリー戦士の獲得に反対!!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月14日

今シーズン、低調な点取り屋が冬の移籍市場へ向けて動き

チェルシーで不遇をかこっているモラタは、心機一転を図るべく移籍を模索しているとされているが、はたして…。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグに移籍してから、アルバロ・モラタは苦しんでいる。

 スペイン代表としてロシア・ワールドカップに出場するチャンスも逃し、大きな活躍で古巣レアル・マドリーに買戻しを決断させたユベントス時代の2シーズンは、遠い昔のようである。

 マウリツィオ・サッリ新監督が就任した今シーズンも、絶好調とは言い難い。プレミアリーグでは15試合に出場して5得点を挙げているが、そのうち4得点は10月から11月にかけての4試合で決めたもの。ビッグクラブとの対戦で先発から外れることも少なくない。

 もしかすると、そうした現況を打破するために、モラタは母国に戻ることを考えているのかもしれない。現地メディア『RAC1』の報道として、スペイン紙『Marca』が伝えたところによると、モラタはバルセロナに売り込みをかけたという。

 現在、バルセロナが補強の最優先としているのは、センターバックや中盤の補強と言われている。実際、アヤックスのフレンキー・デヨングやマタイス・デリフト獲得への動きが日夜、伝えられている。

 一方で、ルイス・スアレスが来月24日で32歳になるとあり、バルサは以前から、ベテランストライカーの後継者となるセンターフォワード獲得が必須とも言われている。そこで注目されるのがモラタの存在というわけだ。

 ただ、バルサにモラタが必要と見るファンは少ないようだ。『Marca』のアンケートによると、11万人を超えるユーザーのうち、59%と約6割が獲得に反対している。その理由が、バルサの宿敵であるマドリーのカンテラ出身だからか、純粋にモラタのクオリティーがバルサには不要という見方なのかは分からない。

 プレミアリーグで苦闘し続けているモラタは、このままチェルシーで戦い続けるのか。それとも古巣のライバルに自身を売り込んだと伝えられている通り、新たな道へ向かうのか。今後の動向に注目だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ