モウリーニョの後任は“ベビーフェイスの暗殺者”に! マンUが新監督の就任を正式発表

カテゴリ:カテゴリ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月19日

クラブのCEOも期待する男

ユナイテッドで愛されたスールシャールは、引退後は指導者キャリアを積んできた。 (C) Getty Images

画像を見る

 12月19日、マンチェスター・ユナイテッドは前日に解任したジョゼ・モウリーニョの後任監督として、クラブOBでもある元ノルウェー代表FWのオレ・グンナー・スールシャールが就任したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなっている。

 現在45歳のスールシャールは、ユナイテッド・ファンに愛されている存在だ。

 1996年の夏にノルウェーのモルデからユナイテッドに加入すると、類まれな嗅覚とゴール前での多彩なシュートセンスを発揮。1998-99シーズンに行なわれたバイエルンとのチャンピオンズ・リーグ決勝では、ロスタイムに決勝ゴールを決めて「カンプ・ノウの奇跡」の立役者となった。

 その後、2007年に膝の怪我によって引退するまで、「ベビーフェイスの暗殺者」の愛称で親しまれたスールシャールは、2008年にユナイテッドのリザーブチームの監督に就任して指導者キャリアをスタートさせ、これまでに古巣のモルデとウェールズの強豪カーディフで監督業を歴任。前者では2度の国内リーグ優勝を経験した。

 2015年10月からモルデの監督に復帰し、今月3日には同クラブと2021年6月までの新契約を締結していたスールシャールだが、ユナイテッドの窮地に奮い立ち、就任を決断したようだ。クラブの公式サイトでは以下のコメントを発表した。

「マンチェスター・ユナイテッドは常に私の心の中にある。そしてこの任務を与えられたことを素晴らしく思う。私はこの才能に溢れたチーム、そしてクラブスタッフたちと一緒に働くことを楽しみにしている」

 ユナイテッドの重役も往年のストライカーへは期待を寄せる。エド・ウッドワードCEOは、次のように語った。

「彼はプレーと指導の両方で経験あるレジェンドだ。マンチェスター・ユナイテッドでの彼の功績はいまだに息づいている。シーズンの後半には彼がチームとファンを結び付けてくれると確信している」

“スペシャル・ワン”のクビを切る荒療治に踏み切ったユナイテッド。後任として残りのシーズンを託されたスールシャールは、苦しむ名門を立て直すことができるのだろうか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ