神戸が日本代表、山口蛍の獲得を発表! ビジャに続いてまたも大型補強!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月19日

C大阪には「ジュニアユースから長い間お世話になりました!」と感謝。

はたしてJ屈指の名ボランチは神戸にどんな化学反応をもたらすのか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月19日、ヴィッセル神戸はセレッソ大阪から山口蛍を完全移籍で獲得したと発表した。
 
 山口はC大阪下部組織出身で、現在28歳。2009年にトップチームへ昇格し、徐々にボランチでの出場機会を増やすと、豊富な運動量と圧巻のボール奪取力を武器にこれまでJ1リーグ通算167試合に出場して12得点を記録。今夏にはロシア・ワールドカップのメンバーにも選出され、3試合に出場した。
 
 神戸は、アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキなど世界的な名手を揃えて「バルセロナ化」を進めており、今月1日に発表された元スペイン代表ダビド・ビジャの獲得に続いての大型補強となった。
 
 山口は神戸の公式サイトで以下のコメントを寄せている。
 
「ヴィッセル神戸の皆様、今回、セレッソ大阪から移籍することになりました山口蛍です。一日でも早くサポーターの皆様に認めてもらえるように、日々の練習から100%で取り組みます。これからよろしくお願い致します」
 
 またC大阪を通じては、「今回ヴィッセル神戸に移籍することになりました。昨シーズン、尹さん(ユン・ジョンファン監督)のもと2冠を獲れたことは一生の思い出です。ジュニアユースからお世話になっているセレッソ大阪を離れるのは簡単な決断ではなかったですが、また一から新たなチャレンジをしたいと思い決断しました。ジュニアユースから長い間お世話になりました!」と、クラブへの感謝を述べた。

 急加速的に強化を進める神戸において、Jリーグ屈指の名ボランチはどんな役割を与えられ、どんな化学反応を起こすのか。プレシーズンから大きな注目を集めそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ