【クラブW杯展望】鹿島×R・マドリー|2年前の失意を払拭できるか? 雰囲気も士気も最高潮で大一番へ!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月19日

一丸で耐えて粘れるかが勝負の肝に

鹿島のレアル・マドリー戦予想スタメン。左サイドハーフには安部の起用も考えられる。

画像を見る

 残ったのは善戦の余韻ではなく、タイトルを逃したという苦杯。2年前のクラブ・ワールドカップ決勝で喫した失意を払拭する機会が訪れた。アジア王者の鹿島は12月19日の準決勝で、史上初の3連覇を目指す欧州王者のレアル・マドリー(スペイン)と矛を交える。大岩剛監督は決戦の地、UAEで前回対戦を振り返り、「本気で勝利を目指していたが、敗れたことは残念だった。今回、その悔しさをぶつける舞台を勝ち取ることができてうれしい」と気合を高めた。
 
 鮮烈な印象は残した。2016年大会。ベンゼマに早々と先制点を許したが、柴崎岳(現ヘタフェ)の鮮やかな2ゴールで逆転。だが、レアルの本気を垣間見たのは、ここからだ。昌子源は渋面で「前半の相手は緩かったというか、笑顔も見えていた。目の色が変わったと思う」と振り返る。直後に同点とされ、延長の末に2-4。あと一歩まで追い詰めたが、大きな地力の差も感じさせた。
 
 その2年前の記憶は、鹿島にとってやっかいだ。昌子は「あの経験があるから、1点を取ってもガンガン2点目を取りに来るかもしれない」と警戒する。今季からクリスティアーノ・ロナウドはユベントスへ移籍したが、世界屈指の名手が集うタレント軍団に変わりはない“白い巨人”。一丸で耐えて粘れるかが勝負の肝になる。永木亮太は「なんとか前半はゼロでいきたい。それができればチャンスが出てくる。中央を締めてサイドに出させるのがセオリーになると思う。向こうの能力は高いので、1対1ではがされないようにしたい」と言う。土居聖真とセルジーニョのコンビと予想される2トップが、きっちりパスコースを限定できれば、さらに脅威は軽減できるだろう。
 
 粘って焦らしたうえで、小さな違和感も積み重ねていきたい。「こいつ、ちょっと違うなと思わせたい」と土居。カウンターとミドルシュートは有効な手立てだが、その中で小さなドリブル、目先を変えるパスなどを挟み、緩急と独特のリズムを加えて相手を揺さぶれるか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ