「サプライズない」「マドリーに賭けるのをお勧めする」 伊ブックメーカー、鹿島にチャンスありとしつつも…

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月18日

たとえベイルとベンゼマが欠場しても。

不振が続くマドリーだが、それでも大手ブックメーカーは彼らの鹿島戦勝利を予想する。(C)Getty Images

画像を見る

 2016年の決勝で、鹿島アントラーズはレアル・マドリーを相手に善戦した。12月19日のクラブワールドカップ準決勝でのリベンジを期待する声も少なくない。

 3年連続でチャンピオンズ・リーグ(CL)を制覇し、クラブW杯でも2連覇中のマドリーだが、ジネディーヌ・ジダンが退任し、クリスチアーノ・ロナウドが退団した今シーズンは、浮き沈みの激しい戦いが続いている。

 ジダンの後を継いだジュレン・ロペテギは、成績不振から解任された。暫定的に引き継いだサンチャゴ・ソラーリ監督の下で、チームは復調したかに思われたが、国内リーグではエイバルに、CLではCSKAモスクワに、それぞれ0-3の完敗を喫するなど不安定なところをのぞかせている。

 それだけに、「鹿島にチャンスあり!」との見方もある。ブックメーカー『Bwin』イタリア版では、オッズを紹介する記事の中に、「C・ロナウドがいなくなり、マドリーがより怖くなくなった今回、鹿島には2年越しの快挙をふたたびめざす可能性がある」と記されている。
 
 とはいえ、マドリー有利を予想する声が大きいのは当然だ。

『Bwin』の記事でも、「カリム・ベンゼマとガレス・ベイルには欠場する可能性がある。それでもマドリーが大会3連覇のミッションを達成できないとしたら、それはセンセーショナルなことだ」とし、“白い巨人”の勝利を予想するのが妥当だと伝えた。

 ブックメーカーとあり、『Bwin』は「われわれはサプライズがないと考え、マドリーのかなり明確な勝利に賭けることをお勧めする」と、ギャンブルに出るのはリスキーと警鐘を鳴らしている。

『Bwin』のオッズは、マドリー勝利が1.22倍、ドローが6倍、鹿島勝利が11倍。見返りはほとんど期待できないが有力視されているマドリーの勝利と、下馬評では厳しいと見られているがリターンも大きい鹿島の勝利。どちらに賭けるのが得なのだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月3日発売
    欧州サッカー
    「衝撃の新世代」
    次代にスターを追え!
    4大リーグ序盤戦点検も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ