「気をそらしただけで…」2年前のリベンジに燃える鹿島と対戦するマドリーに伊紙が警鐘!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月18日

セルジーニョと土居に警戒を

逆転勝利で初戦を突破した鹿島。その勢いでマドリーへのリベンジ、さらには世界制覇という目標を達成できるだろうか? (C) Getty Images/(C)REUTERS/ AFLO

画像を見る

 チャンピオンズ・リーグ(CL)で3連覇という前人未到の偉業を成し遂げ、2年連続で世界王者となったレアル・マドリー。それだけに現地12月19日にキックオフする鹿島アントラーズとのクラブワールドカップ準決勝でも、「有利」という見方が大勢を占めるのは当然だ。

 イタリア紙『Corriere della Sera』も、準決勝を前にした紹介記事の中で、「レアル・マドリー対リーベル・プレートの決勝が圧倒的に予想されているのは当然だ」と報じている。

 だが、周知のとおり、今シーズンのマドリーは苦しんできた。

 欧州3連覇に導いたジネディーヌ・ジダンが退任し、さらに9シーズンもエースとして君臨してきたクリスチアーノ・ロナウドも退団。開幕前にジュレン・ロペテギ体制で開幕を迎えるも、成績不振から監督交代を余儀なくされた。

 10月29日にサンチャゴ・ソラーリ監督が引き継いでからも、エイバルやCSKAモスクワに0-3と完敗するなど、“白い巨人”の歩みは不安定だ。16節を消化したリーガ・エスパニョーラで、すでに5敗を喫して4位に甘んじているだけに、鹿島にチャンスがないわけではない。

『Corriere della Sera』は、C・ロナウドの退団に加え、「真のゴールゲッターの不在」やルカ・モドリッチの不調もあり、現在のマドリーが、「3年連続欧州王者となったチームとは遠い親戚のようにしか見えない」と指摘する。

 一方で、同紙は鹿島について、「セルジーニョのような機敏なセンターフォワード、ショウマ・ドイのようなセカンドトップがいる。さらにブラジル人のレアンドロやボールを運ぶレオ・シウバがいる」と評した。

「決まりきった予想はまったくない」とした『Corriere della Sera』は、先月24日のエイバル戦(ラ・リーガ13節)での黒星を例に挙げ、「気をそらしただけで…」とマドリーは油断禁物だと警鐘を鳴らすかのように記事を締めくくっている。

 北中米カリブ海王者のグアダラハラを逆転で下した鹿島は、マドリーへのリベンジを果たせるのか? アジア王者としてのプライドを見せてもらいたいところだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ