広島の5選手にアンケート! 2018年シーズンのベストプレーヤーは?

カテゴリ:Jリーグ

寺田弘幸

2018年12月21日

タイの英雄が評価したのは王者・川崎の中盤と鹿島のボランチ

広島からは和田(写真左)、稲垣(写真左中)、パトリック(写真中央)、野上(写真右中)、ティーラシン(写真右)に回答してもらった。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2018年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票で年間MVPを決定する毎年恒例の「ベストプレーヤー企画」。リーグ後半戦の失速で優勝を逃すも、2位でACL出場権を獲得した広島からはパトリック、ティーラシン、稲垣祥、和田拓也、野上結貴の5名に自クラブ以外で印象に残った選手トップ3を挙げてもらった。気になる投票結果をコメントとともに見ていこう。

●パトリック(FW)
1位 家長昭博(川崎/MF)
2位 中村憲剛(川崎/MF)
3位 阿部浩之(川崎/MF)
【選出理由】
 連覇の川崎から3人を選んだ。家長選手は継続的に試合に出て、違いを見せた。憲剛はチームの頭脳。彼がいなかったら、なかなかゲームを作れない。阿部ちゃんは怪我がなければ1位か2位でもいい。本当に素晴らしい選手。
 
●ティーラシン(FW)
1位 家長昭博(川崎/MF)
2位 大島僚太(川崎/MF)
3位 レオ・シルバ(鹿島/MF)
【選出理由】
 家長選手は川崎に欠かせない。どの試合でも攻撃の中心になっていた大島選手は、E・ネット(名古屋)選手を失っても中盤のバランスを上手く取った。L・シルバ選手は攻守のバランスが凄く良い。鹿島で重要な選手になっている。
 

●稲垣 祥(MF)
1位 谷口彰悟(川崎/DF)
2位 鈴木優磨(鹿島/FW)
3位 今野泰幸(G大阪/MF)
【選出理由】
 谷口選手は水際のところで相手の攻撃を止めていて、攻守両面でチームを支えていた。鈴木選手はボールが入ると嫌な感じでした。今野選手はいろんなところで気の利いたプレーができるので、対戦相手として本当に嫌でした。
 
●和田拓也(DF)
1位 アンドレス・イニエスタ(神戸/MF)
2位 ファン・ウィジョ(G大阪/FW)
3位 家長昭博(川崎/MF)
【選出理由】
 イニエスタ選手は普通のことが上手すぎる。もう完璧な選手だと思った。ファン・ウィジョ選手は単独でも決めてくる。シュート技術でチームを救っている。家長選手は川崎の攻撃のすべての起点になって、プレー精度が高い。
 
●野上結貴(DF)
1位 中村憲剛(川崎/MF)
2位 アンドレス・イニエスタ(神戸/MF)
3位 チャナティップ(札幌/MF)
【選出理由】
 中村選手は相手の嫌な位置でパスを受けるし、ゲームの流れも読める。イニエスタ選手はすべての基礎レベルが相当高い。今まで見たことない選手。チャナティップ選手は楽しそうにサッカーをするし、ひたむきに守備もやる。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ