鹿島の5選手にアンケート! 2018年シーズンのベストプレーヤーは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月21日

鈴木は同ポジションのアタッカー3名を評価

鹿島からは三竿健(写真左)、土居(写真左中)、鈴木(写真中央)、昌子(写真右中)、安西(写真右)がアンケートに回答してくれた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2018年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票で年間MVPを決定する毎年恒例の「ベストプレーヤー企画」。ACL初制覇で節目の20冠を達成した鹿島からは鈴木優磨、土居聖真、三竿健斗、昌子源、安西幸輝の5名に自クラブ以外で印象に残った選手トップ3を挙げてもらった。鹿島の不動のセンターバックはある選手に脅威を感じたようだが果たして。気になる投票結果をコメントとともに見ていこう。
 
●鈴木優磨(FW
1位 ジョー(名古屋/FW)
2位 パトリック(広島/FW)
3位 興梠慎三(浦和/FW)
【選出理由】
 ジョー選手はボディバランスが良く、力強くて上手い。パトリック選手はゴール前に入ってきて、しっかりとポジションを確保し、ゴールを狙う。興梠選手はすべてがハイレベル。自分の役割を果たしながらアシストもできる。
 
●土居聖真(MF
1位 ジョー(名古屋/ FW)
2位 パトリック(広島/ FW)
3位 家長昭博(川崎/ MF)
【選出理由】
 名古屋が復調できたのも、ジョー選手の功績が大きいはず。一つひとつのプレーがパワフルで素早く、正確。それはパトリック選手にも共通する。家長選手のドリブルは、ボールが足に吸い付いてテンポが良く、推進力もある。
 
●三竿健斗(MF
1位 家長昭博(川崎/MF)
2位 パトリック(広島/FW)
3位 ジョー(名古屋/FW)
【選出理由】
 家長選手は、タメを作って攻撃にリズムを創出。ボールの取りどころがなかなかなくて、やりにくい相手だと思う。パトリック選手は存在自体が“戦術”にもなる。ジョー選手はその得点力で、低迷していたチームを救った印象。
 
●昌子 源(DF
1位 家長昭博(川崎/MF)
2位 谷口彰悟(川崎/MF)
3位 武藤雄樹(浦和/FW)
【選出理由】
 掴みどころがないのが家長選手。キープ時にタイミングを見て寄せても、上手くかわされることがある。谷口選手は高い守備力はもちろん、得点力も兼備。武藤選手はオフ・ザ・ボールの時、DFにとって嫌な動きをしてくる。
 
●安西幸輝(DF
1位 伊東純也(柏/FW)
2位 天野 純(横浜/MF)
3位 稲垣 祥(広島/MF)
【選出理由】
 伊東選手の縦へのドリブルは本当に速いし、緩急のつけ方も見事。天野選手のテクニックは、Jリーグの中でもトップレベルだと思う。稲垣選手は広島の躍進に欠かせないひとり。黒子役として汗をかき、攻守両面を支えていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ