横浜の5選手にアンケート! 2018年シーズンのベストプレーヤーは?

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2018年12月21日

ルヴァンカップ“ニューヒーロー賞”の遠藤は川崎の家長を1位に

横浜からは松原(写真左)、遠藤(写真左中)、仲川(写真中央)、シノヅカ(写真右中)、飯倉(写真右)にアンケートに協力してもらった。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2018年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票で年間MVPを決定する毎年恒例の「ベストプレーヤー企画」。17年ぶり2度目の優勝を目指したルヴァンカップでは決勝で湘南に惨敗し、悔しさの残る1年となった横浜からは、仲川輝人、イッペイ・シノヅカ、遠藤渓太、松原健、飯倉大樹の5選手に自クラブ以外で印象に残ったプレーヤー、トップ3を挙げてもらった。気になる投票結果は以下の通り。
 
●仲川輝人(FW)
1位 大島僚太(川崎/ MF)
2位 家長昭博(川崎/ MF)
3位 ジョー(名古屋/FW)
【選出理由】
 大島選手はリズムを変えるのが上手い。縦パスを入れるタイミングが良く、点も取れる。家長選手は天才肌。サッカーをよく知っている。ゴールパターンが豊富なジョー選手はまさに“怪物”。1試合で複数得点できる能力も。
 
●イッペイ・シノヅカ(MF)
1位 家長昭博(川崎/ MF)
2位 レオ・シルバ(鹿島/ MF)
3位 アンドレス・イニエスタ(神戸/MF)
【選出理由】
 マッチアップして凄さを感じたのが家長選手。余裕があり、経験値も高い。L・シルバ選手はボールを奪い、パスを捌き、ゴールも狙える素晴らしいボランチ。イニエスタ選手に細かい説明はいらない。見ているところが違う。
 

●遠藤渓太(MF)
1位 家長昭博(川崎/ MF)
2位 室屋 成(FC東京/ DF)
3位 伊東純也(柏/FW)
【選出理由】
 今年の川崎は、家長選手のチームといっても過言ではない。それだけの存在感があった。対戦して一番嫌だったのが室屋選手。抜くのが大変だった。伊東選手については、同じサイドアタッカーとして抜き切る力が凄いと感じた。
 
●松原 健(DF)
1位 大島僚太(川崎/ MF)
2位 レオ・シルバ(鹿島/ MF)
3位 ジョー(名古屋/FW)
【選出理由】
 大島選手は判断が正確。いるかいないかで川崎のパフォーマンスが変わる。L・シルバ選手はボール奪取能力に優れ、要所を締める存在。ジョー選手とはマッチアップしてゴールを許した。動きがあまり速くなさそうで速い。
 
●飯倉大樹(GK)
1位 家長昭博(川崎/ MF)
2位 レオ・シルバ(鹿島/ MF)
3位 ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/FW)
【選出理由】
 川崎を牽引していた家長選手は、ボールを“持つ・離す”のタイミングが抜群。L・シルバ選手はひとりでなんでもこなせる。D・オリヴェイラ選手は堅守のFC東京において、前線で起点を作る役割をこなしていた。
 
取材●藤井雅彦(ジャーナリスト)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ