長崎の5選手にアンケート! 2018年シーズンのベストプレーヤーは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年12月22日

11得点を挙げてブレイクした鈴木は、川崎の家長を1位に選出

長崎からは澤田(写真左)、鈴木(写真左中)、徳永(写真中央)、徳重(写真右中)、髙杉(写真右)にアンケートに協力してもらった。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2018年シーズンのJ1全18クラブに協力を願い、現役Jリーガー90人の投票で年間MVPを決定する毎年恒例の「ベストプレーヤー企画」。初挑戦のJ1で健闘しながらも無念の降格となってしまった長崎からは、澤田崇、鈴木武蔵、徳永悠平、髙杉亮太、徳永健太の5名に、他クラブで印象に残った選手トップ3を挙げてもらった。各選手の投票結果をコメントとともに見ていこう。

●澤田 崇(FW)
1位 大島僚太(川崎/MF)
2位 家長昭博(川崎/MF)
3位 ジョー(名古屋/FW)
【選出理由】
 大島選手は、プレーの質や判断力など、すべてが素晴らしかった。同じ川崎では家長選手も上手かった。キープ力、チャンスメイクなどなんでもできる選手。ジョー選手はなんといっても得点力。凄いのひと言に尽きる。
 
●鈴木武蔵(FW)
1位 家長昭博(川崎/MF)
2位 パトリック(広島/FW)
3位 仲川輝人(横浜/FW)
【選出理由】
 家長選手は、技術が高く、フィジカルもすごく強かった。パトリック選手は得点力だけでなく、突破力も素晴らしい。仲川選手はとにかくスピードがある、彼の背後への動く出しと、緩急のあるドリブル突破には驚いた。

●徳永悠平(DF)
1位 中村憲剛(川崎/MF)
2位 チャナティップ(札幌/MF)
3位 パトリック(広島/FW)
【選出理由】
 中村選手は、高い技術に加え、守備のスイッチ役も担った。優勝チームの大黒柱。チャナティップ選手は、対戦したなかで一番嫌だった。パトリック選手は得点のにおいがする。圧倒的なフィジカルが脅威だった。
 
●髙杉亮太(DF)
1位 ジョー(名古屋/FW)
2位 中村憲剛(川崎/MF)
3位 家長昭博(川崎/MF)
【選出理由】
フィジカルやテクニック等すべての能力が高く、頭の良さも見せたジョー選手が1位。中村選手は、視野が広く、テクニックもあるうえに、身体を張っていた。家長選手は、ボールを奪われない技術と身体の強さが光った。
 
●徳永健太(GK)
1位 中村憲剛(川崎/MF)
2位 アンドレス・イニエスタ(神戸/MF)
3位 ジョー(名古屋/FW)
【選出理由】
 中村選手はいくつになっても川崎の中心。今季も優勝の原動力だったと思う。イニエスタ選手は、やはりワールドクラスで、高いレベルのプレーを披露していた。ジョー選手の体格は驚異的で、得点能力にも優れていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ