神戸の補強第二弾は東京五輪世代のSB初瀬!同時に新卒1名の加入と若手2名の放出も決定

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月17日

「タイトル、ACL出場権獲得のために頑張ります!」(初瀬)

今季はインパクトを残せなかった初瀬。東京五輪出場のためにも、まずは神戸でレギュラーを掴みたいところだ。写真:川本学

画像を見る

 12月17日、神戸はG大阪に所属するU-21日本代表の初瀬亮を完全移籍で獲得すると発表した。

 来季でプロ4年目を迎える初瀬は、攻撃力に長けたSBで両サイドに対応可能。スピードを生かした攻め上がりと、両足から繰り出す正確なキックでルーキーイヤーから出場機会を掴んでいた。しかし、今季は序盤戦こそ出場機会を得ていたが、徐々に出番が減少。夏以降はベンチから外れる試合が増え、J1では10試合の出場に止まっていた。

 ただ、潜在能力は折り紙付きだ。世代別代表でも活躍し、昨年5月のU-20ワールドカップではチームの16強入りに貢献。同年12月に行なわれたE-1サッカー選手権(東アジア選手権)では出場機会こそなかったが、飛び級でA代表に招集された。今年に入ってからはU-21日本代表としてプレーし、8月のアジア大会では銀メダルを手にした実績を持つ。
 
 初瀬はクラブを通じて、意気込みをコメント。

「ヴィッセル神戸のサポーターの皆様、この度加入することになりました初瀬亮です。ヴィッセル神戸の為に全身全霊で闘いたいと思います。そしてタイトル、ACL出場権獲得のために頑張ります。ヴィッセル神戸に関わる全ての皆様宜しくお願いします」

 中学時代から所属していたG大阪に別れを告げ、来季はクリムゾンレッドのキットに袖を通す初瀬。東京五輪世代を代表するSBとして、今季以上の活躍に期待をしたい。

 また、神戸は同日に2選手の退団と新卒選手1名の獲得を発表している。完全移籍するのは、大卒3年目の小林成豪と松下佳貴。前者はJ1に昇格する大分で、後者は仙台でプレーする。一方で、獲得が決まったのは松山工高の大型GK伊藤元太。中学時代はボランチを務めた190センチは、足下の技術に定評がある注目株だ。16年にはU-16日本代表にも選出されており、ポテンシャルは十分にある。

 この日の発表で、今オフに神戸が獲得した選手は元スペイン代表のダビド・ビジャを含めて3名。今季限りで退団する選手は若手を中心に6名となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ