長友佑都の日本語がめちゃくちゃなイタリア語に? 伊3部クラブが公開したおふざけ動画が大反響

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月13日

1年前の健闘を祝して――

1年前のポルデノーネ戦で決勝PKを突き刺して殊勲者となった長友。そんなダイナモを伊3部クラブがいじり倒した。 (C) Getty Images

画像を見る

 さかのぼること1年前の12月12日、インテルはコッパ・イタリア5回戦で3部のポルデノーネに苦戦。格下相手に得点を奪えず、PK戦に持ち込まれたのだ。しかし、辛うじて突破を決めた決勝PKをマークしたのは、当時インテルに所属していた長友佑都だった。

 結果として敗れはしたものの、あのインテルを苦しめたとあり、3部のクラブにとっては歴史に残る一戦だったと言えるだろう。その“1周年”を祝おうということか、ポルデノーネのツイッター公式アカウントは12日、「インテル対ポルデノーネの1年後――長友佑都の見解」と題してひとつの動画を投稿した。

 編集された動画は、どうやら長友が公式サポーターを務めるバンダイのゲーム「ドラゴンボール Z ブッチギリマッチ」のPR動画で、日本のダイナモは日本語で応対している。

 ポルデノーネは、この動画に偽のイタリア語字幕を用意した。その内容は、以下のとおりだ。

「もちろん、インテル対ポルデノーネの試合は覚えている。忘れられるわけないだろう?セリエCのチームと対戦するなんて、毎日あることじゃない。チームの多くの選手が、セリエCなんて存在しないと信じていなかった。

「(マウロ・)イカルディと(イバン・)ペリシッチなんて、家にスパイクを置いてきたほどなんだ。後半にアップする必要もないと考えていたのさ。ましてや試合に出るなんてね!」

「重要な試合だった。今日見返しても、笑ってしまう。あの選手たちがなつかしいよ! ダウベルト! (アンドレア・)ピナモンティ! キャプテンの(アンドレア・)ラノッキア!」

「毎晩寝る前に、壁にかけてある(シモーネ・)マニャーギのユニホームを見ているんだ。あのポスト(に阻まれたシュート)はもっと運に恵まれてよかったはずだ」

「ポルデノーネのサポーターのみんなには、最後のPKを決めて申し訳ないと言いたかった。君たちのほうがラウンド突破に値した」

 動画の最後に、ポルデノーネは、「本当は長友佑都に何も聞いていません。実際には、我々は彼が言ったことをまったく理解していません」と真相を明かしたうえで、「インテル対ポルデノーネの試合が1周年。おめでとう」と締めくくっている。

 クラブ史に残る記念の一戦を思い出そうというユーモアに、ファンからは、「最高」や「天才」、「ファンタスティック!」などの賛辞が続々と寄せられた。

 ただ、前日にチャンピオンズ・リーグから敗退したばかりのインテルとそのサポーターは、1年前の“悪夢”を思い起こさせられ、あまり喜ばしいものではなかったかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ