鎌田&冨安に加えて遠藤航が3試合ぶりにスタメン復帰のSTVV、2位アントワープをアウェーで粉砕!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月02日

リーグ最少失点を誇る相手から大量3ゴールをゲット!

3試合ぶりにスタメンに復帰した遠藤航はフル出場。ややラフになる場面もあったが、最後まで運動量を落とすことなく攻守両面で存在感のあるプレーを披露した。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月1日に実施されたベルギー・リーグ第17節、2位のアントワープと3連勝で5位に浮上したシント=トロイデン(STVV)の一戦は、2-1でSTVVが勝利した。

 STVVは前節のアンデルレヒト戦で“アベックゴール”を決めたFW鎌田大地とDF冨安健洋に加え、この日は3試合ぶりに遠藤航が中盤に復帰。そして試合は、そのSTVVが先制した。

 9分、アントワープGKシナン・ボラトが、STVVのMFアレクシス・デ・サールを払いのけるように顔面に肘鉄を食らわせ、判定はPK。これをジョーダン・ボタカが落ち着いて決めた。
 
 その後、相手のクロスがブロックに入った冨安の右足に当たってゴールに吸い込まれる不運はあったものの、STVVは37分、ふたたび突き放す。

 序盤から前線に高精度のフィードを入れていたCBのポル・ガルシアが左サイドを攻め上がり、10番を背負うロマン・ベズスへラストパス。前節でもゴールを決めていたウクライナ代表は、これをダイレクトで合わせて勝ち越しに成功した。

 2-1。2位のチームを相手にアウェーゲームでリードを奪ったSTVVは、守備的な戦いに切り替え、勝点3を持ち帰ることにこだわるかとも思われた。だが彼らは、後半突入後もハイテンションを維持。決して攻撃の姿勢を緩めることはなかった。

 そして75分、リーグ最少失点を誇る相手から、ダメ押しとなる3点目をもぎ取る。これをお膳立てしたのが、チーム得点王の鎌田だった。

 鎌田がみずからCKを入れると、そのこぼれ球がふたたびキッカーの鎌田のもとへ転がる。これを拾ったエースは、ドリブルで突っかけ、鋭く細かいフェイントで対峙するDFとの間にズレを生み出すと、すかさずシュート性のクロスを撃ち込み、これをポル・ガルシアが押し込んだ。

 試合はこのまま3-1でフィニッシュ。STVVが上位対決を制した。

 鎌田は4試合連続弾こそなかったものの、敵陣でホームチームにプレッシャーを与え続け、冨安も不運なオウンゴールこそあったが、専売特許となった気迫のこもった守備で最終ラインを引き締めた。そして遠藤も、好アピールを披露。ミッドフィールドでの戦いに留まらず、果敢に相手ゴール前に飛び出していくなど存在感のあるプレーで勝利に寄与した。

 4連勝で5位の座を死守したSTVVは、消化試合が1試合少ない首位ヘンクとの勝点差を5に縮めている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ