【J1採点ランキング|MF編】トップ3を川崎勢が独占!躍進した札幌からチャナティップが10傑入り

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月08日

広島の司令塔・青山は5位タイに

(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 川崎フロンターレの連覇で幕を閉じた今季のJ1リーグ。最多得点、最少失点で頂点に立ったチャンピオンチームの強さが際立ったが、個人レベルではどうだったのか。リーグ戦全34試合の採点を集計し、出場時間3分の2以上の選手を対象に、MF部門のランキングを作成した。トップ10を見ていこう。
 
【10位】
ガブリエル・シャビエル(名古屋)
採点:6.04
29試合(2,451分)6得点・9アシスト
 
【8位タイ】
菊地俊介(湘南)
採点:6.06
26試合(2,048分)7得点・0アシスト
 
【8位タイ】
金子翔太(清水)
採点:6.06
34試合(2,765分)10得点・7アシスト
 
【7位】
阿部浩之(川崎)
採点:6.07
29試合(2,082分)5得点・4アシスト
 
【5位タイ】
青山敏弘(広島)
採点:6.08
34試合(2,740分)1得点・3アシスト
 
【5位タイ】
チャナティップ(札幌)
採点:6.08
30試合(2,556分)8得点・2アシスト
 10位のG・シャビエルから平均採点6点越えとハイレベルな争いになった。湘南ベルマーレの菊地は怪我で戦列を離れた時期もあったが、清水エスパルスの金子とともに6.06で8位タイにランクイン。その金子は、自身初となるふた桁得点を挙げたほか、持ち前の運動量を活かして守備でも重要な役割を担った。7位の阿部は、ハードワークで攻守に奮闘。出場時間こそ短いものの、欠かせぬ戦力として連覇に大きく貢献している。
 
 そして、5位タイで並んだのが、サンフレッチェ広島の青山と北海道コンサドーレ札幌のチャナティップだ。前者は中盤の底から巧みな配球で攻撃を操り、後者は軽快なドリブルやラストパスを駆使してフィニッシュの局面で存在感を示した。ふたりともクラブの上位進出に欠かせなかったタレントで、6.08という高評価は納得だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ