【現地発】6年目でも主役になりきれないイスコ、マドリーの歴代監督を呆れさせてきたその行動とは?

カテゴリ:エル・パイス紙

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月07日

ソラーリ就任後は“冷遇”とも言える扱い。

高度なテクニックを持ちながら、マドリーではそれを活かせていないイスコ。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーTVが制作した13度目のCL優勝の公式ドキュメントの中で、決勝戦のハーフタイム中に指揮官のジネディーヌ・ジダンがイスコに指示を与えているシーンがある。

「リバプールはこちらがパスを回している間に、3人のセントラルMFが中心になって激しくプレスをかけてきている。そうした場面で彼らにボールを奪われたら、とても危険だ。セルヒオ(ラモス)、マルセロ、ラファエル(ヴァランヌ)は積極的に縦パスを入れろ。イスコ、お前もだ。もっと高いところでポジションを保って、相手のMFの背後のスペースを有効に使うんだ。中盤に下がってボールを受けるのはやめろ。チーム全員で縦への意識を強く持って相手の守備を攻略するんだ」

 ベンチメンバーに入り混じって座り、じっとうつむきながら指揮官の話を聞いていたイスコは、「わかった」と気のない返事を返すのみだった。しかし、その後もジダンはイスコのパフォーマンを気に入らなかったのか、63分に交代を命じている。
 
 イスコは昨シーズン、マドリーの選手として4度目のCL制覇を達成した。ただ同時に、このエピソードが示すようにジダン監督の信頼を失い、さらに入団以来保持してきた「相手を攻略する上で重要な選手」というステータスも失った。

 しかしそれでも、11月27日のCLローマ戦でのベンチ外も含め、ここ1か月間でサンティアゴ・ソラーリ監督から受けている冷遇とも言える扱いは、イスコにとって未知のものである。

 ローマ戦後の記者会見でイスコを招集外にした理由を問われたソラーリ監督は、「戦術的な決定」と答えるのみだった。こうしたケースにおいて監督がよく使う口実であるが、2009年夏に発足したフロレンティーノ・ペレス第二次政権下で、イスコと同レベルの高給取りがこのような仕打ちを受けたのは、カカ以来ふたり目だ。

 その事実を考えると、ソラーリ監督の単なる気まぐれなどではないということ、そして決断の重みが伺い知れる。カカがそのまま追われるようにクラブを去ったのは周知の通りだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ