「いろいろ考えた」楢﨑正剛が“公式戦出場ゼロ”の今季を振り返り、去就についても言及

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年12月03日

厳しい立場に立たされるも、チームのJ1残留に専念

川口(右)の引退セレモニーにスペシャルゲストとして登場した楢﨑(左)。川口からは「頑張って」とエールを送られたという。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 12月2日、J3リーグ最終節の鹿児島戦で現役最後のピッチに立った川口能活。試合後の引退セレモニーでは、スペシャルゲストとして楢﨑正剛が登場。長きにわたり、日本代表でポジションを争ったライバルであり、かけがえのない“戦友”のために相模原に駆けつけた。
 
 その楢﨑は川口よりひとつ年下。今年42歳を迎えたが、まだまだトップレベルで戦えるだけの実力はある。モチベーションも衰えていない。それでも、今季は公式戦での出場はゼロ。苦しい一年を過ごした。
 
「(自分が)試合に出る、出ないというのはありましたけど、チームがJ1に残ることに専念するべきだと思っていた」
 
 自らがどういう立場に置かれても、残留争いに巻き込まれたチームのことを最優先に考えていた。ただ、一プレーヤーとして悔しさや危機感があったのも事実だろう。
 
「(メンタル的に)難しさはあった。難しいけど、やっていかないといけないし。(チームのことに)専念している一方で、いろいろ考えることはあった。考えながら、やっていました」
 
 複雑な胸中で過ごしたシーズンだったが、チームはなんとか残留を決めることができた。楢﨑も一安心といったところだが、「今日、ニュースになっていましたけど(笑)」と、一部報道では移籍の噂が報じられた。
 
 残留か、移籍か。今季の立ち位置を考えれば、移籍に気持ちが傾いても不思議ではない。この日は川口のためにスタジアムに訪れたのだが、取材に応じた楢﨑は「もうちょっと考えます」と、現在の状況や心境を正直に話してくれた。名古屋のレジェンドはいかなる決断を下すのか。その動向から目が離せない。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【名古屋2-2湘南】死闘を繰り広げた残留争い対戦は両者笑顔に終わる!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ