本田圭佑、ヘッド弾で3戦連続ゴール! 先制した3連勝中のヴィクトリーは優勢に試合を進める

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月01日

しっかりコントロールされたヘディングシュート

前節とは違い、立ち上がりから高い位置でプレーし、ドリブルで中央突破を仕掛けるなど、積極的な姿勢を示す本田が、いきなり今節も結果を出している。 (C) Getty Images

画像を見る

 12月1日、オーストラリア・Aリーグの第6節が行なわれ、メルボルン・ヴィクトリーの本田圭佑が、ウェスト・シドニー・ワンダラーズで先制ゴールを決めている。
 
 11分、左サイドを抜け出したトイボネンがペナルティーエリア内のアントニスにマイナスのパスを送ると、この試合ではトロイージに代わってトップ下に入ったアントニスが、ファーサイドへクロス。やや角度のない位置からではあったが、本田は頭でしっかりコントロールし、ゴール左隅に流し込んだ。
 
 11分、左サイドを抜け出したトイボネンがペナルティーエリア内のアントニスにマイナスのパスを送ると、この試合ではトロイージに代わってトップ下に入ったアントニスが、ファーサイドへクロス。やや角度のない位置からではあったが、本田は頭でしっかりコントロールし、ゴール左隅に流し込んだ。
 
前節までに3ゴール3アシストと、全試合で結果を残している本田は、開幕戦から続く連続先発出場を果たし、中盤右サイドでプレー。これで3試合連続ゴールとなり、ますますチームにとっては欠かせない存在となっている。
 
 試合開始時点で暫定4位(前節終了時は2位)のヴィクトリーは、8位のワンダラーズを下せば4連勝となり、再び2位に浮上することとなる。
 
 ヴィクトリーのホーム「マーベル・スタジアム」での一戦、リードしたヴィクトリーは優勢に試合を進めている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ