平成最後の“多摩川クラシコ”は知念、長谷川のゴールで川崎に軍配! FC東京はACL出場が消滅

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月24日

長谷川の2点目は見事な連係で奪う

多摩川クラシコで先制点を挙げた知念慶。今シーズン4点目となるゴールでチームを勢いづけた。 写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ33節]FC東京0-2川崎フロンターレ/11月24日/味の素スタジアム

 前節で優勝を決めた川崎フロンターレをホームに迎えたFC東京。平成最後の多摩川クラシコに0-2で敗れ、来季のACL出場権獲得を逃した。一方の川崎は2試合ぶりの白星。知念、長谷川という若手の活躍でライバルを下した。

 川崎は中村憲剛や日本代表の守田英正らに加え、負傷した大島僚太に代わって20歳の田中碧が初先発。知念慶は3試合ぶりに先発を飾った。

 序盤はFC東京のディエゴ・オリヴェイラと髙萩洋次郎のふたりに、室屋成、東慶悟らが加わって積極的に攻め入るが、今季王者は揺るがなかった。

 先制点は19分。自陣のゴール前でボールをキープする橋本拳人に田中が激しくプレッシャーをかける。田中を背負いながら橋本が出した横パスを知念がカットしてマイボールとし、落ち着いて右足を振り抜いて、ゴール右隅に流し込み、川崎が先制した。

 後半、1点をリードされたFC東京は米本拓司に代わって永井謙佑を投入。しかし再びゴールを奪ったのは川崎だった。

 50分、自陣から中村が前線にスルーパスを送る。走り込んだエウシーニョがボックス右から低めのクロスをあげると、受けた知念が右足シュート。これはGKに弾かれるが、こぼれ球に長谷川竜也が飛び込み、ヘディングで押し込んだ。

 ほぼワンタッチでリズムよく展開する、見事な連係で川崎が2点目をゲット。FC東京は永井に続いてリンス、矢島輝一を投入して反撃を試みるが、1点を返すこともできなかった。

 平成最後の”多摩川クラシコ”の軍配は川崎に。ACL出場圏内を争う鹿島、札幌が勝点3を積み上げたため、ACL出場圏内の3位フィニッシュを狙っていた東京は5位以下が確定し、出場の可能性が消滅した。

 最終節、東京はアウェーで浦和と、川崎はホームで磐田と対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ