モドリッチのバロンドール受賞をマドリーOBの元ユーゴ代表点取り屋は確信! 「パリに行って一緒に祝いたい」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月23日

「彼こそが今年の男」

モドリッチの個人賞“三冠”はなるか!? かつて彼の獲得を自らマドリーに進言したというミヤトビッチだけに、思い入れは強いようだが、果たして。写真はFIFA最優秀選手受賞時。 (C) Getty Images

画像を見る

 フランスやイタリアの報道によると、今年のバロンドールはルカ・モドリッチとラファエル・ヴァランヌ、そしてキリアン・エムバペの3選手による争いになるという。
 
 モドリッチは、レアル・マドリーでチャンピオンズ・リーグ(CL)3連覇を成し遂げ、ロシア・ワールドカップではクロアチア代表のキャプテンとして同国史上初の決勝進出に貢献した。
 
 彼とマドリーのチームメイトであるヴァランヌは、CLに加えてフランス代表でW杯を制した。同じく世界王者の称号を手に入れたパリ・サンジェルマンのエムバペは、サッカー界の未来を担うことも期待されている。
 
 一方で、過去10年間でバロンドールを分かち合ってきたリオネル・メッシ、クリスチアーノ・ロナウドの両巨頭がついに最終候補から漏れたこと、フランスのW杯優勝に貢献し、アトレティコ・マドリーでヨーロッパリーグも制したアントワーヌ・グリエーズマンの選外などが、議論を呼んでいる。
 
 だが、マドリーのOBで元ユーゴスラビア(当時)代表のプレドラグ・ミヤトビッチは、モドリッチこそが受賞に相応しいと主張した。スペイン紙『Marca(マルカ)』によると、ミヤトビッチは「個人としてもチームとしても、彼は素晴らしい一年を過ごした。CL優勝にW杯決勝だ」と、モドリッチを後押ししている。
 
「彼こそが、今年の男であり、バロンドールを受賞するだろう」
 
 ミヤトビッチは「ルカほど受賞に値する選手は、他に見当たらない」と、議論の余地はないとした。
 
「受賞を訴える選手たちは、他にもいる。だが、バロンドールに刻まれる名前はひとつだけ。ルカ・モドリッチだ。パリに行って、彼と一緒に祝いたいね」
 
 バロンドールは12月3日に発表される。すでにUEFAとFIFAの年間最優秀選手に選ばれたモドリッチは、バロンドールも手にして“三冠”を果たすのだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ