ミランがゴディン獲得!? レオナルドが秘密裏に接近して合意か

カテゴリ:移籍情報

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2018年11月22日

アトレティコに忠誠を誓い続けてきたが…。

ミラン移籍で合意したと報じられたゴディン。(C)Getty Images

画像を見る

 ミランが大物CBの獲得を決めたようだ。『コッリエーレ・デッロ・スポルト』紙が現地時間11月22日、アトレティコ・マドリーに所属するディエゴ・ゴディンと、来年6月からの加入で原則合意に達したと報じた。
 
 1986年2月16日生まれで現在32歳のゴディンは、母国のセロとナシオナル、スペインのビジャレアルを経て、2007年にアトレティコに加入。圧倒的なフィジカル能力を武器に守備の要に君臨し、ラ・リーガやヨーロッパリーグの優勝、チャンピオンズ・リーグの二度の決勝進出などに大きく貢献してきた。
 
 ウルグアイ代表としても125キャップと経験豊富なゴディンは、以前からマンチェスター・Uをはじめメガクラブ行きが囁かれるもアトレティコに忠誠を誓い、最近も来年6月で切れる契約の延長が有力視されていた。
 
 しかし、コッリエーレ・デッロ・スポルト紙によると、ミランのレオナルドGDが秘密裏に接近。移籍金ゼロで来シーズンから加入することでほぼ合意に達したという。
 
 ちなみに現在のミランは、CB陣に怪我人が続出して火の車状態。主将のアレッシオ・ロマニョーリが1か月、マテオ・ムサッキオとマッティア・カルダーラが2か月も戦線離脱すると見られている。そのため今冬は、チアゴ・シウバ(パリSG)をはじめ、ダニエレ・ルガーニやメディ・ベナティア(いずれもユベントス)、アンドレアス・クリステンセンやガリー・ケイヒル(いずれもチェルシー)、エリック・バイリー(マンチェスター・U)、そしてロドリゴ・カイオ(サンパウロ)などが獲得候補に挙がっていると報じられている。
 
 もちろんアトレティコと合意する必要があるが、わずかだが移籍金を払ってゴディンの獲得を前倒しすることも含めて、補強プランの見直しがあるかもしれない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ