「非常に強力な武器だ!」イングランド代表にも好影響! リバプール、スローイン専門コーチと契約延長

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月23日

世界でも珍しいスローイン専門コーチと契約延長!

マネらを中心とした攻撃陣の力は相当だ。そこにスローインという武器が加わり、チーム力は確実に上がっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズン、リバプールが世界を驚かせた補強のひとつが、スローイン専門コーチのトーマス・グレンマークを招聘したことだろう。

 今年9月に英公共放送「BBC」のインタビューで、グレンマーク自身も「世界でもっとも風変わりな仕事」と話したほど、スローインに特化したコーチというのは世界的に見て珍しい。事実、ユルゲン・クロップ監督ですら、「聞いたことがなかった」と認めているほどだ。

 しかし、特異なコーチの招聘はリバプールで着実に成果をあげつつある。「BBC」は11月22日、リバプールがグレンマークとの契約を2019年6月まで延長したことを報じている。

「BBC」によれば、グレンマークは「リバプールが自分の仕事に満足し、選手たちと残してきた結果を認めてくれたということだ」と喜んだという。

「5月にシーズンが終わった時に、我々のハードワークが良い結果で報われることを願っている」

 このリバプールの取り組みは、イングランド代表にもプラスの効果をもたらしている。イングランドが2-1と勝利した今月18日に行なわれたUEFAネーションズ・リーグのクロアチア戦で、1点ビハインドから同点に追いついたジェシー・リンガードのゴールは、リバプール所属のジョー・ゴメスのスローインが起点だった。

 この一戦を見ていたというグレンマークは、「クロアチア戦のゴメスのスローインは、リバプールとイングランドにとって非常に強力な武器であることを示した」と胸を張っている。

「頻繁に使われることはないだろう。だが、対戦相手はボールを外に出す前に、しっかりと考えなければならなくなる」

 昨今、セットプレーの重要性が増している傾向にあるサッカー界だけに、今後、スローインのあり方を見直すクラブも増えていくだろう。それだけにリバプールにおけるグレンマークの仕事は、新たな世界の潮流をつくることになるかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ