【日本代表】原口元気がFK弾も…。「カウントしないでほしい」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年11月21日

試合後、原口に笑顔はなかった

FKからゴールを決めた原口だが……。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2018年11月20日、豊田スタジアムで行なわれたキルギス戦は4-0で日本代表の勝利に終わった。しかし、試合後、原口元気に笑顔はなかった。19分にFKから直接蹴り込んだチームの2点目についても「決めたと言っていいか分からない」と渋い表情を見せた。
 
 日本代表がFKから直接ゴールを奪ったのは約5年ぶりだが、それでも原口は「カウントしないでほしいですね」とコメント。相手GKのミスによって決まったゴールとの見方もできるので、そう原口が嘆くのも頷ける。「ゴールはゴールなんで良かったですけど、狙い通り蹴れたわけじゃないし……」と、もどかしさが感じ取れた。
 
 この日の原口はバイタルエリアで縦パスを要求するようなジェスチャーを何度か見せたが、流れの中から上手くフィニッシュに持ち込めたシーンはあまりなかった。後方から縦パスをそこまでもらえなかった点についても「まあ、(縦パスを入れるのは)簡単じゃないですからね。無理やり突っ込んで取られてもよくないので、難しかったですけど」とすっきりしないコメントを残していた。
 
 どこかモヤモヤを抱えているように見えたので、思い切って訊いてみた。「ロシア・ワールドカップでバチバチのバトルを経験してきた原口選手からすると、キルギス戦は物足りなかったか?」と。本人の答は以下のとおりだ。
 
「簡単ではなかったですよ。引いた相手に対してどうするかの練習にはなりましたけど、こういうチームに勝ってもアジアカップで優勝できるわけでもないので、ひとつの練習と捉えています。本番はこれから始まるわけで、またいろんなことを準備しないといけないと思っています」
 
 キルギス戦で感じたモヤモヤを、来年のアジアカップで吹き飛ばせるか。サポーターが望んでいるのは、ロシア・ワールドカップの時のように、力強く、ゴールにも絡むアグレッシブなプレーだ。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】日本対キルギスの美女サポーターたち!

【原口元気PHOTO】笑顔、集中、鼓舞…原口元気のいろいろな表情をお届け!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ