中島翔哉のプレースタイルはFC東京時代から変わったのか。“元同僚”室屋成の答は?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年11月20日

中島は「ポルトガルのサッカーに合っている」

得意のドリブルで存在感を示した中島。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2018年11月20日、豊田スタジアムで行なわれたキルギス代表とのキリンチャレンジカップは4-0で日本代表の勝利に終わった。なかでも後半途中から出場して相手の守備網を切り裂いた中島翔哉のドリブルがこの日も印象的だったが、FC東京時代のチームメイトでもある室屋成にこのテクニシャンのプレーはどう映っていたのか。
 
 それが気になったので、試合後、「FC東京時代と比べて、中島翔哉選手が変わったところはありますか?」と質問を投げてみた。
 
 すると、室屋は少し頬を緩めながら「(今日の試合も)変わってないなと思いながら観ていました(笑)と答えた。

 
 中島はFC東京に在籍していた時もボールを持ったらとにかく仕掛けるタイプだった。抜群のテクニックと優れたボディバランスで相手を翻ろうし、そのままドリブルでシュートまで持ち込むシーンは幾度もあった。組織で崩すよりも個人技で局面を打開する彼のスタイルは、室屋曰く「ポルトガルのサッカーに合っている」という。
 
「ポルトガルで結果を残しているから代表でも自由を与えられている。Jリーグは組織的なチームが多いリーグだから、翔哉みたいな選手よりもハードワークできるような、組織的に守れるようなプレーヤーが重宝されるかもしれないけど、(ポルトガルと日本で)そこの違いはあると翔哉も言っていました」
 
 FC東京時代よりも今の中島のほうがイキイキしているように見えるのは、果たして記者だけだろうか。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本4-0キルギス|森保ジャパンが4発快勝! ゴールラッシュで2018年を締めくくる!
 
【日本代表PHOTO】日本対キルギスの美女サポーターたち!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ