日本代表でお馴染みの“散歩隊”も世代交代!? 吉田麻也が「若返りが激しい」とSNSでつぶやく

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月19日

「I still feel young」だけど…

チームリーダーとして森保ジャパンを統率する吉田麻也。そんなベテランCBは、ピッチ外で代表チームの変化を感じているようだ。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本代表でお馴染みとなっている“散歩隊”に大きな変化が起きたようだ。

 先月16日にベネズエラと対戦して1-1と引き分けた日本代表は、20日に年内ラストマッチとなるキルギスとの国際親善試合に臨む。そんな森保ジャパンでキャプテンを務めている吉田麻也は、ピッチ外でもチームを統率しているようだ。

 日本代表の合宿で恒例となっているのが、散歩隊の活動だ。国内外の遠征でもはや定番化していて、ホテル周辺を複数のメンバーとともに散策するのである。

 18日に更新された吉田のSNSには、英語で「I still feel young(まだ若いと感じている)」と綴られた一方で、日本語で「散歩隊の若返りが激しい」とも記され、キルギス戦を行なう豊田市で撮影したと見られる2枚の写真がアップされた。

 まず最初の写真は、三つのブランコに二人一組で座って佇んでいる様子の一枚だ。吉田と堂安律(20歳)、冨安健洋(20歳)と北川航也(22歳)、三竿健斗(22歳)と柴崎岳(26歳)が、それぞれコンビで座っている。そして、2枚目はコインランドリーでのショットで、チームスタッフとともに各々が自由なポーズを取っている。

 今までの散歩隊のメンバーには、川島永嗣や長谷部誠、長友佑都、槙野智章らベテラン陣が多く集まっていたが、この遠征では顔触れが若年化。前述のメンバーはいずれも30歳の吉田よりも年下なのだ。

 森保一監督は、今の代表チームのテーマに「世代交代と世代間の融合」を挙げ、新しい戦力の多用を行なっているが、その世代交代の余波は、散歩隊にも押し寄せているのかもしれない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ