同期・北川航也は「とんでもない奴」。筑波大・西澤健太が清水史上初のUターン入団にこだわったワケ

カテゴリ:大学

竹中玲央奈

2018年11月19日

「高校を卒業するときに(戻ってきた)例がないと聞いていた」

10月に清水への来季新加入が発表された西澤。ジュニアユース、ユースで同期の日本代表FW北川とチームメイトとなる。写真:猪野史夏

画像を見る

 4年間の武者修行を経て、初対面で衝撃を与えてくれた仲間と再びチームメイトになる――。
 
 筑波大の10番を背負う西澤健太は、来季よりジュニアユースから6年間を過ごした清水エスパルスへ“戻る”ことが決まった。いわゆるオリジナル10の一員であり清水というチームが持つ長い歴史の中で、下部組織出身者が大学を経由して戻ってくるのは彼が初のケースである。
 
「高校を卒業する時に(戻ってきた)例がないということは聞いていて、自分はそれを目指していました。その中でユースの先輩が大学で活躍していたので『自分が最初ではないのかな』と思っていたんですけど、彼らが戻れないことを聞いて、僕がやるしかないなとはその時に思ったんです。なので、実現できたのは、後輩たちにとっては良いことなのかなと思います」
 
 トップ昇格ができない現実を突きつけられ、筑波に入学してからただひたすら自身を育ててくれたクラブへ戻ることだけを考え続けてきた。名門の門を叩いて順調に成長し、3年次にはキャンプにも参加した。しかしなかなかクラブから正式な獲得の意向を得られず『胃が痛かった』と本人も言う。多少の不安もあったようだが、10月13日に悲願の古巣復帰がリリースされた。
 
 大学進学時に立てた目標はひとつ達成できたが、西澤自身はこれで安堵、というよりもプロ入り後にある楽しみがあるのだと言う。高校時代の同期であり、このほど日本代表にも選ばれた北川航也との“再会”だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ