【選手権予選】青森決勝で終盤にドラマ! 東京、大阪、静岡、愛知などで新たに11校の出場が確定!

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月17日

大苦戦の青森山田。帝京は9年ぶりの出場ならず

東京B決勝は帝京と駒澤大高が丁々発止のバトルを展開。後者が2-1で競り勝った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月17日、第97回全国高校サッカー選手権大会の地区予選が全国各地で行なわれ、新たに11チームの本大会行きが決まった。

 東京Aブロック決勝は、大成vs国士館というフレッシュな顔合わせとなった。序盤から中盤での激しい潰し合いが続き、徐々にロングボールが多くなったゲームが動いたのは、前半38分。左CKを国士舘の濱部が右足アウトサイドで鮮やかに蹴り込んだのだ。後半は大成の攻勢に遭い、PKの大ピンチを迎えるも、国士館GK小松がビッグセーブで見事に阻止。試合はこのまま国士館が1-0で逃げ切りに成功し、15年ぶりに出場権を掴んだ。

 引き続いて開催された東京Bブロック決勝では、駒澤大高と帝京が対戦。前半5分、駒澤大高は敵ゴール前の混戦から羽鳥がヘッドでゴールを割り、怒涛のラッシュから先制点をもぎ取る。さらに同26分、右サイドのFKからGKが弾いたところを涌井が中央へ送り、最後は斎藤がプッシュして2-0とした。帝京は懸命の反撃を試みるも駒澤大高のガードは固く、なかなかゴールに迫れない。後半は膠着した時間帯が続き、そのなかで帝京は後半20分に佐々木が華麗なステップから1点を返すが、反撃もここまで。駒澤大高が接戦を制して、2年ぶり4度目の出場を確定させた。

 
 22年連続出場が懸かる青森山田は県決勝で八戸学院野辺地西と対峙。開始早々に青森山田は檀崎のFKから二階堂が頭で決めてリードを奪うも、その後は野辺地西が堂々と中盤のせめぎ合いで互角に渡り合い、拮抗した展開に持ち込んでいく。後半に入ってもなかなかゴールが生まれなかったが、迎えた22分、なんと野辺地西が同点ゴールを挙げるのだ。県予選決勝で10年ぶりに失点を喫した絶対王者。だがここから、2年前の選手権覇者が底力を見せる。猛然と攻勢に打って出て、勢いのままに後半33分、エース檀崎が勝ち越し弾を蹴り込んでみせた。このまま青森山田が2-1で凱歌を上げ、野辺地西はあと一歩のところで涙を呑んだ。

 群雄割拠の熊本予選を制したのはプリンスリーグ九州勢の大津だ。県決勝はルーテル学院とのライバル対決となり、前半15分にオウンゴールから先制を許してしまうが、その後すぐさまCKからの大崎の得点で同点に追いつく。さらに35分にも大津はCKのチャンスを得て、ふたたび大崎が押し込んで逆転した。後半は一転してともにビッグチャンスは少なく膠着した展開に陥ったが……。結局スコアは動かぬまま終了のホイッスルが鳴り響き、大津がかろうじて2-1で勝利。3年ぶりに檜舞台へ駒を進めた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ