ミラン、“カカ2世”獲得で冬に10番を売却か!? それらの動きの背景にはイブラ電撃復帰の狙いも

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月05日

「闘うテクニシャン」として機能した10番をドイツに。

ガットゥーゾ監督の指導の下、足元の技術だけでなく、球際での粘り強さも身に付けたチャルハノール。しかし、クラブの意向によって売却に向けた動きが進んでいるようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 4シーズンぶりのチャンピオンズ・リーグ(CL)参戦を目指して奮闘を続けているミランは、来年1月の冬の移籍市場で派手な動きを見せるかもしれない。

 イタリアでの復権を目指すミランは、今年7月から経営資本がアメリカのヘッジファンド「エリオット・マネジメント」に代わり、スポーツディレクターにOBで元ブラジル代表MFのレオナルド、強化部に同じくOBで元イタリア代表DFのパオロ・マルディーニを招聘。今夏の移籍市場でも、ユベントスからゴンサロ・イグアインとマッティア・カルダーラを獲得するなど、クラブの強化に努めてきた。

 その甲斐もあって、現在セリエAでCL出場圏内の4位につけているミランは、さらなる強化を図ろうとしている。その動向で浮上しているのが、「10番」の売却だ。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によれば、ミランは好調のチームにあってコンディションを落としているトルコ代表で、クラブの10番を背負っているハカン・チャルハノールをRBライプツィヒかフランクフルトに売却する可能性があるという。

 昨夏に2000万ユーロ(約24億円)+ボーナス400万ユーロ(約4億8000万円)で、レバークーゼンから加わったチャルハノールは、昨シーズンはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の下で「闘うテクニシャン」として重宝された。しかし、今シーズンはコンディションの低下もあり、確固たる地位を築くには至っていない。

 さらにチャルハノールの売却に拍車をかけているのが、ミランが“カカ2世”の呼び声が高いルーカス・パケタを先月にフラメンゴから獲得した事実だ。

 このブラジルの逸材はチャルハノールと同じ、2列目やウイングといった攻撃的なポジションを主戦としているうえ、ミランはこの補強に3500万ユーロ(約45億5000万円)+ボーナスという大枚を叩いている。そのため、人員と金銭の整理をする意味でもトルコ代表MFの売却話が進んでいるようだ。

 さらに『Gazzetta dello Sport』によれば、ミランはLAギャラクシーに在籍しているズラタン・イブラヒモビッチの電撃復帰も水面下で画策しており、チャルハノールの売却益を、元スウェーデン代表FWの獲得に必要と言われる総額400万ユーロ(約5億1500万円)+スポンサー料を支払うための資金にも当てようという狙いがあるようだ。

 果たして、ミランは現10番を売り、今冬に新たなタレントを迎え入れられるのか? その動向に注目したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ