「恥じて顔を伏せろ!」「ルールより良識を」 亡き会長に決勝点を捧げたレスター選手への警告に非難の声

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月04日

元イングランド代表DFがレフェリーの行為に激怒。

ゴール後にユニホームを脱ぎ捨て、「FOR KHUN VICHAI」(ビチャイさんに捧ぐ)と書かれたインナーシャツを披露したグレイにはその後、イエローカードが提示されている。(C)Getty Images

画像を見る

 レスターは11月3日、プレミアリーグ第11節でカーディフに1-0と勝利した。オーナーだったヴィチャイ・スリバッダナプラバ氏の急逝後、初の試合で勝点3を手にしている。

 悲劇に見舞われながらも、試合で戦うことを選んだレスターの面々。後半、決勝点となるゴールを決めたのは、デマライ・グレイだ。ベン・チルウェルのクロスを流し込んだグレイは、ユニホームを脱ぎ、ヴィチャイ氏に捧げるメッセージが書かれたTシャツ姿になって喜び、両手で天を指した。

 ユニホームを脱いだことで、グレイにはイエローカードが出されたが、このリー・プロバート主審の行動を非難したのが、元イングランド代表のフィル・トンプソンだ。英衛星放送『Sky Sports』で、「恥じて顔を上げられないだろう」と、プロバート主審を批判している。

「彼らにルールがあるのはわかっている。だが、頼むよ。ルールより良識を用いてくれ。私なら、この試合でああするよりも、自分が上の人間たちから批判されることを選ぶ」

「まったく恥ずべきことだ。彼は前半にもミスをしている。ジェイミー・ヴァーディーのシュートが阻まれたのは、スレイマン・バンバのハンドだったからだ。簡単に判断できる場面だった。あれでレスターにPKが与えられ、(バンバに)レッドカードが出されていたはずだったんだ」
 
 一方でトンプソンは、「両チームと両軍のファンを称えたい」とも述べている。

「全員にとって難しい試合だった。レスターの選手たちが感情的になるのは分かっていたことで、試合が始まった時にそれは見てとれた」

「レスターの全員が素晴らしいパフォーマンスだった」

 葬儀に参列するためにタイに向かったレスターは、ミッドウィークにイングランドに戻り、10日に開催される12節のバーンリー戦に臨む。これが事故後初のホームゲームとなる。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ