鹿島、ACL初制覇へ大きく前進!! L・シルバ、セルジーニョ弾&クリーンシートで先勝!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年11月03日

58分にレオ・シルバが均衡を破る先制弾!

試合の均衡を破る先制ゴールを奪ったレオ・シルバ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 鹿島アントラーズとイランのペルセポリスの顔合わせとなったアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝は11月3日、県立カシマサッカースタジアムで第1戦が行なわれ、鹿島が2対0で勝利を収めた。


 試合は序盤、アウェーのペルセポリスがボール支配で上回り、ペースを掴む。果敢なプレッシングも機能し、鹿島はなかなか押し返すことができない。

 22分、ピッチ上にアウェーサポーターが乱入し、試合が一時中断するハプニングが発生。すぐさま係員に取り押さえられたが、熱戦に水を差す行為に両チームの選手、スタッフが憤慨する場面もあった。

 鹿島は20分過ぎから徐々に両サイドを起点に反撃。25分には敵陣ペナルティエリア内で鈴木優磨が反転シュートを放つも、惜しくも枠を外れた。さらに41分には、U-19アジア選手権の戦いを離脱してチームに復帰した安部裕葵がヘディングシュートを放つが枠を捉えきれず、前半は0対0で終了。

 後半に入ると、鹿島が徐々に敵陣に押し込む場面が増えていく。そして58分、中央でのパスワークから、レオ・シルバが抜け出して左足で狙い澄ましたシュートを放つ。これが相手DFの股下を抜けてゴール左隅に決まった。鹿島がついに先制する。

 その2分後には最終ラインの裏でボールを受けた鈴木からの折り返しをセルジーニョがゴールへ流し込むが、これは鈴木がオフサイドの判定をとられてしまう。

 しかし70分、相手のクリアボールに反応した三竿健斗がダイレクトで前方にフィードすると、走り込んだセルジーニョが右足で押し込み、ゴールネットを揺らす。鹿島が貴重な2点目をゲットした。

 ペルセポリスは後半アディショナルタイムにMFネマティが2枚目のイエローカードで退場に。第2戦は出場停止となる。 

 その後もペルセポリスの反撃を無失点に抑えた鹿島は、2対0のまま逃げ切り、第1戦を勝利で終えた。第2戦は11月11日、イランのアザディ・スタジアムで行なわれるが、複数得点、無失点で先勝した鹿島は大きなアドバンテージを手にして敵地に乗り込む。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ